ワイマラナー

2019-08-16

ワイマラナーはどんなワンちゃん?

ワイマラナー(Weimaraner)は、ドイツ原産の犬種です。

ワイマラナーの歴史は?

19世紀に誕生した犬種で、ジャーマン・ショートヘアード・ポインター(German Short-haired Pointer)やブラッド・ハウンド(Bloodhound)などが先祖だといわれています。

鳥類やシカやクマなどの狩りに使われる万能猟犬として、獲物の追跡、ポインティング(獲物の居場所を主人に教える)、レトリーブ(獲物の回収)などの仕事をこなしていました。王族に猟犬として飼育されていました。

ワイマラナーはドイツ・ワイマラナー・クラブによって、売買の資格が厳しく規定されていたため、犬が普及するまでには時間がかかりました。しかし特別な犬種としての地位を築くことにも繋がりました。

現在は、猟犬としてだけでなく、ペットとしても人気のある犬種となっています。アメリカでは独特な風貌から「灰色の精霊」と呼ばれ人気が高まっています。日本でもペットとして飼育されています。

ワイマラナーの特徴は?

ワイマラナーは、優美かつ強靭な体格をもち、スタミナのある犬種です。脚は長く、すばらしいスピードで走ることができます。

被毛はつややかなスムースコートですが、ロングコートのものもいます。毛色は特徴的で気品のあるグレーです。

性格は活発で知的です。繊細な面もあります。

ワイマラナーは活動的な犬種で、アウトドア派の人のよいパートナーとなる犬種です。番犬としても優秀です。しかし、都会の狭いアパートなどでは飼えない犬種です。

毎日の運動は欠かせず、運動量もやや多いです。長めの散歩やジョギング、ゲームやドッグスポーツなどを取り入れて運動させてあげるとよいでしょう。

温暖な気候の地域では屋外で過ごさせることができますが、寒い季節や夜などは室内に入れてあげましょう。家族とのコミュニケーションが少なくならないようにすることも大切です。