ラポニアン・ハーダー

ラポニアン・ハーダー(Lapponian Herder)は、フィンランド原産のトナカイの牧畜犬種です。「ラピンポロコイラ」とも呼ばれています。

ラポニアン・ハーダーは古くからトナカイの牧畜に使われていた犬種がもとになっているといわれていますが、その起源についてはよくわかっていません。

牧畜の機械導入が進んだ1960年代には頭数が減ってしもったため、1966年に犬種を保護する活動が進められました。その活動の中でフィニッシュ・ラップフンド、ジャーマン・シェパード・ドッグ、コリーが交配されました。

ラポニアン・ハーダーは寒さに強く、スピッツ犬種ですが尻尾は巻かないのが特徴です。丈夫な体をもち、胴がやや長いです。

被毛はショートコートで二重構造で分厚くなっています。下毛は密生していて北極圏の気候に絶えられるようになっています。毛色は黒や茶で、それらよりも明るい色の班が頭部や体の下側または脚にみられます。

性格は従順で穏やかで友好的です。

ラポニアン・ハーダーは、飼い主に忠実で仕事熱心な犬種です。集合住宅などの狭い住環境では飼育できません。

運動能力が高く、訓練もしやすいので牧畜などの仕事を与えるといいでしょう。