ラサ・アプソ

ラサ・アプソ(Lhasa Apso)は、チベット原産の愛玩犬種です。チベットでは、アプソ・セン・カイ(Apso Seng Kyi)と呼ばれています。「アプソ」は『黄金色の被毛を持つヤギ』を意味するといわれています。

ラサ・アプソは、2000年の歴史を持つ古い犬種で、ラサ市周辺の寺院などで繁殖が行われていました。家の中で飼われ、優れた聴覚で来訪者の足音をいち早く察知し家族に知らせ、雪山では雪崩の前兆を主人に教えたといわれています。

また、人の死後に「魂が宿る犬」と信じられ、ラマ教の僧侶の庇護を受けて飼育されていました。信仰の対象として宗教儀式にも参加させ、大切に扱われていました。現在でも幸福をもたらす犬と信じられています。

ラサ・アプソは中国の朝廷へ雄犬が献上された事があり、この犬がシーズーやペキニーズの祖先犬になったと考えられています。

ラサ・アプソがヨーロッパに渡ったのは20世紀に入ってからで、ロンドンのドッグショーでは「東洋の魔除け犬」として紹介されました。外国へ広まるなかで、チベタン・テリアやシーズーと混同されることがあり、混血が進んでしまいました。真のラサ・アプソは現在でもチベットでしか見られないともいわれています。

現在は世界中でペットとして高い人気を誇り、ショードッグとしても活躍しています。

ラサ・アプソの大きな特徴はその被毛です。チベット原産のチベタン・テリア、チベタン・スパニエルと共通した厚い被毛を持ち、飾り毛豊かな尾を背負っています。この被毛は二重構造で、硬く長い上毛と密生した下毛は山岳地チベットの寒冷な環境にに適応したものです。毛色は、金色、黒色、砂色、蜜色、暗灰色、褐色、赤色、斑など様々です。

ラサ・アプソは、聴覚がきわめて鋭く、遠くからでも人を見分けることができます。性格は、主人に忠実で情愛深いですが他人には警戒心が強いです。

ラサ・アプソは、室内で飼う犬種です。狭い住環境でも飼うことができます。活発ですが、飼い主の横でのんびり過ごすことも大好きで、家族と一緒に活動できる理想的な小型犬といえます。見知らぬ人に対しては警戒心を示します。

必要な運動量は少なく普段から遊びに夢中になり、よく動き回るので、短めの散歩や庭で遊ぶ時間を作ってあげるだけで十分でしょう。

長い被毛を美しく保つためには、2日に1回はコーミングをするなど、念入りな手入れが必要です。