ボルドー・マスティフ

2019-08-13

ボルドー・マスティフはどんなワンちゃん?

ボルドー・マスティフ(Bordeaux Mastiff)は、フランス原産のマスティフ犬種です。「フレンチ・マスティフ(French Mastiff)」、「ドーグ・ド・ボルドー(Dogue de Bordeaux)」とも呼ばれています。

ボルドー・マスティフの歴史は?

ボルドー・マスティフの生い立ちについてはよくわかっていませんが、14世紀頃に誕生したとされる犬種です。

かつては主に闘犬として使われ、ジャガーやクマ、人などと戦うこともありました。警備犬やイノシシ狩り用の猟犬、牛を誘導・管理する牧牛犬などとしても使われていました。

フランス革命を乗り越えて生き残ることができた犬種でしたが、闘犬の禁止や2度の世界大戦の戦禍により再び苦境に立たされます。しかし、愛好家の努力により安全な国へ疎開させるなどして生き残ることができました。

闘犬が廃止されたことで獰猛な性質を緩和させる改良が行われました。戦後は頭数を増やし、現在も世界的な知名度と人気を誇るマスティフ犬種となっています。日本でも愛好家は多く、国内でもブリーディングされています。

ボルドー・マスティフの特徴は?

ボルドー・マスティフは、独特の顔つきと赤い毛色が特徴的です。

筋肉隆々で骨太のがっしりとした体つきで、とても力が強いです。頭部はかなり大きく、顔には深いしわが刻まれています。マズルは短いですが、アゴの力はかなり強いです。デューラップ(のど下のたるみ)の他、背中などにも皮膚のたるみがあり、闘犬として使われるときに噛み付かれてもダメージを軽減するためのものでした。耳は垂れ耳で、尾は太く飾り毛のない垂れ尾です。以前は多くが耳を断耳して立たせ、尾は短めに断尾されていました。

ボルドー・マスティフの被毛は少し硬めのスムースコートで、毛色はオレンジ色に近い赤のみです。

性格は落ち着きがあり忠実で従順ですが、警戒心が強く防衛本能も高いです。

闘犬として活躍していた時代よりは温和な性格に改良されましたが、やはりマスティフ犬種を飼ったことのない人には飼育できない犬種であるといわれています。

普段は物静かでものぐさですが、主人家族の命令にはしっかりと従うことができます。寝そべっていても常に警戒心は怠らず、家族に危険が迫っていると感じると、敵には勇敢に攻撃します。このため、飼育には力を制御するためのしっかりとした訓練が必要です。

運動量は普通で、体重が重く腰に負担がかかりやすいので、激しい運動はできません。

マスティフ犬種であるためよだれが多い犬が多いです。

かかりやすい病気は大型犬にありがちな股関節形成不全や関節疾患、しわの間にできやすい皮膚疾患などがあります。

ボルドー・マスティフは肥満に注意し、しわの間を蒸しタオルなどでまめに拭いて清潔にすることでこれらの病気を予防ができます。