ポルスレーヌ

2019-08-13

ポルスレーヌはどんなワンちゃん?

ポルスレーヌ(Porcelaine)は、フランス原産のセントハウンド(嗅覚猟)犬種です。

ポルスレーヌの歴史は?

ポルスレーヌは17世紀頃に作出された古い犬種で、フランス王室で使われていたキングス・ホワイト・ハウンドをもとに、タルボット・ハウンドやビリー、ハーリアなどをかけ合わせることによって作出されました。

猟犬としてシカやイノシシなどを狩るのに使われ、パック(集団)もしくは単体で狩猟を行いました。鋭い嗅覚を活かして獲物を追跡し、スピードのある脚力で獲物を追い詰め、仕留めることができました。

フランスとスイスで多く飼育されていましたが、フランス革命により原産国フランスのポルスレーヌはほとんど絶滅してしまいました。そこでスイスにいた犬をフランスに取り寄せて繁殖を行い、頭数を回復させる事ができました。

現在も数は少ないものの多くの国で飼育されており、ペットとしても飼育されています。日本でも飼育されていますがやはり数は少なく、滅多に見られない犬種となっています。

ポルスレーヌの特徴は?

ポルスレーヌは脚がすらりと長く、走るのが速いです。のどの下には少しデューラップ(たるみ)があり、肩まで伸びた長い垂れ耳と、垂れ尾をもちます。

被毛はなめらかなスムースコートで、毛色はホワイトです。薄いレモンの斑が入っているものもいます。

性格は物静かで優しいです。

ポルスレーヌは猟犬であるにもかかわらず大人しいため、飼育がしやすい気質といえます。

ただし、運動量はやや多めなので、犬に時間をかけられない人には飼育できません。

被毛のお手入れは簡単です。