ポヂュギース・ポインター

ポヂュギース・ポインター(Portuguese Pointer)は、ポルトガル原産のポインター犬種です。「ポルトガル・ポインター(Portugal Pointer)」、「ペルティゲイル・ポルトゥゲス(Perdiguelro Portugueso)」とも呼ばれています。現存する世界最古ののポインター犬種であるといわれています。

ポヂュギース・ポインターは、5世紀には既に犬種として存在していた、とても古い犬種です。先祖犬は、ポデンコ・デ・マストラ(Podenco de Nastra)という古代犬種です。

この犬種は、ポルトガルの伝統的な鷹を使った鳥猟に使用されていました。

犬は獲物を探し、発見するとポイントと呼ばれる姿勢をとって主人に獲物の居場所を教えます。銃を使った一般的な猟では主人は銃で獲物を仕留めますが、この猟では鷹を使って獲物を仕留めます。鷹は、主人の腕に止まり布で覆われていますが、犬がポイントを行うと布が外され獲物めがけて飛び立ちます。

19世紀になると鷹を使った猟が減り、さらにポルトガルの政情不安が重なったことで、頭数が大きく減少してしまいました。

長い間、ブリーディングは放棄された状況にありましたが、1920年代以降、保護活動が行われ、頭数を回復することができました。

現在も頭数は少ないですが、実猟犬としてだけでなくペットやショードッグとしても飼育が行われています。日本ではほとんど目にすることのない珍しい犬種となっています。

原始的な容姿で、がっしりとした筋肉質の体つきをしています。首は長めで太く、脚も長いです。耳は細い垂れ耳で、尾は長く太い飾り毛のない垂れ尾ですが、半分の長さに断尾することもあります。

被毛はスムースコートで、毛色は茶系の地に足先、喉、腹部、マズル、フレーズなどにホワイトのパッチが入っています。

性格は主人家族に対しては忠実で友好的、かつ愛情深いです。

ポヂュギース・ポインターは主人家族には優しく、家族以外の人や犬でも危険が無いと判断すると、友好的に接します。しつけはやや難しいですが、お手入れなどの手間はかかりません。

運動量はとても多く、犬に時間をかけられない人には飼育できない犬種といえます。長めの散歩やジョギングのほか、安全な場所で自由に走り回るような運動をとり入れるとよいでしょう。

かかりやすい病気は股関節形成不全などです。