ボーダー・コリー

ボーダー・コリー(Border Collie)は、イギリス原産の犬種です。犬種名の「ボーダー」は国境を意味し、原産地が国境近辺であることに由来するといわれています。

ボーダー・コリーの起源についてはっきりしたことはわかっていませんが、スカンジナビア半島などで使われていたトナカイの牧畜犬が先祖犬だといわれています。その先祖犬が8世紀頃、バイキングによりスコットランドに渡り、土着の牧羊犬と混血することでボーダー・コリーとなりました。

ボーダー・コリーは優秀な牧羊犬として活躍してきました。

1873年、犬の牧羊能力を競わせる最初の牧羊犬競技会が開かれました。そこに出場したヘンプという名の犬は、吠えたり家畜を咬んだりせずに、目で睨みをきかせて家畜を誘導させることができました。ヘンプは注目を集め、後に“ボーダー・コリーの父”として、ボーダー・コリーの礎となります。

作業能力だけを重視して繁殖が進められたため、ショードッグにふさわしい華やかさは少ないものの、実用犬として高い評価を得ていきました。1906年になって、初めて犬種基準が設定されましたが、外見についての設定基準が多い他犬種とは違い、作業能力が重視されていました。

それから、牧羊を産業とする多くの国へ渡り飼育されるようになります。

「ボーダー・コリー」という犬種名が正式に付けられたのは1915年になってからでした。

日本に紹介されたのは戦前で、羊とともにオーストラリアから輸入され、短毛でニュージーランドのシープドッグに似た犬でした。

現在でも作業犬として高い評価を受け、多くの国で飼育されています。ペットとしても飼われ、スポーツドッグとしても人気が高いです。

ボーダー・コリーは、骨格のしっかりした体型を持ちます。優雅さと俊敏さ、それに並外れたスタミナを備えています。

被毛にはスムースとラフの2タイプがあり、スムースタイプは全体的に短く、ラフタイプはほどよい長さでわずかにウェーブがかかっています。たまにストレートや少しカールした毛を持つものもいます。毛色はブラック・アンド・ホワイトが基本ですが、レッド、チョコレート、ブルーなど様々です。

性格は従順で好奇心に溢れています。適度な警戒心があり、知的です。極めて知能の高い犬種として知られています。

ボーダー・コリーは従順で大変頭がよく、よい相棒となる犬種です。信頼関係を深めるためにも、毎日知的好奇心を満たすような運動をさせてあげましょう。

見知らぬ人に対しては、あまり積極的に近づこうとはしません。

ボーダー・コリーほど作業意欲のある犬種は稀です。何か毎日続けられる仕事のようなもの、特に頭と体の両方を使う作業を与えるとよいでしょう。

温暖な地域からある程度涼しい地域では屋外で飼うこともできますが、やはり室内で家族と共に過ごさせる方がよいでしょう。ただ、アパートなどの狭いスペースではなく、ある程度動き回れるスペースを確保しておくことが必要です。

また、被毛の手入れとして、週に2回はブラッシングをしましょう。

遺伝性疾患には股関節形成不全、肘関節異形性、セロイドリポフスチン症(CL病)、グレーコリー症候群、コリーアイ異常、停滞睾丸などがあります。セロイドリポフスチン症を無くしていくために、DNA検査を行い、危険のある犬を繁殖に使わないことが求められています。