フレンチ・ピレニアン・ポインター

2019-08-12

フレンチ・ピレニアン・ポインターはどんなワンちゃん?

フレンチ・ピレニアン・ポインター(French Pyrenean Pointer)は、フランスのピレネー山脈原産のポインター犬種です。ブラク・フランセ・ピレネーなどとも呼ばれています。

フレンチ・ピレニアン・ポインターの歴史は?

フレンチ・ピレニアン・ポインターは、15世紀ごろから存在していた犬種です。ピレネー山脈やその周辺地域での猟に適すよう、やや小柄で俊足に改良されました。

主にポインターとして使われ、嗅覚で獲物を捜索し、発見するとポインティングと呼ばれる姿勢をとって主人に獲物の場所を教えます。主人が猟銃で鳥やノウサギを撃ち落とすと、その獲物を回収し主人の下へ運ぶ仕事もこなします。

フレンチ・ピレニアン・ポインターが獲物の臭いを追跡するときは、鼻を空中に突き上げ、頭を上げて浮遊臭を追跡します。この追跡方法のことを「ヘッド・アップ」といい、数犬種にしか見られない追跡方法です。

19世紀後半になると輸入されたイングリッシュ・ポインターの人気におされ、需要が失われ絶滅の危機に陥ってしまいます。愛好家の努力により少しずつ頭数を増やしてきていますが、まだフランス国外ではめったに見られない希少な犬種です。今日も多くが猟犬として使われていますが、ペットやショードッグとしても飼育が行われています。

フレンチ・ピレニアン・ポインターの特徴は?

フレンチ・ピレニアン・ポインターは細身の引き締まった体つきをしていて、脚が長く走るのが速いです。耳は垂れ耳で、尾は飾り毛のない垂れ尾ですが、3分の1ほどの長さに断尾することもあります。

被毛はスムースコートで、毛色はブラウン・ローンを地として、それにブラウンやレバーの斑が入ったものなどがあります。

性格は従順で愛情深く繊細です。主人家族とは深い絆を結びますが、ややシャイな一面もあり、初対面の人や犬に対しては慎重に振舞います。

フレンチ・ピレニアン・ポインターは狩猟本能が旺盛なので、自宅で飼育されている小鳥や小動物に対しては見境がなくなることがあります。獲物とそうでないものをしっかりと教え、念のため小さいペットは犬の目にふれない場所で飼う方がよいでしょう。

繊細なのでしつけはしかるよりもほめながら行います。しつけの飲み込み自体はよく、状況判断力も高いといわれています。その点は家庭犬としてよく適していますが、運動量は非常に多いため、犬に時間のかけられない人には向かない犬種です。

かかりやすい病気は運動のし過ぎなどでおこる関節疾患などがあります。