フレンチ・トリコロール・ハウンド

2019-08-12

フレンチ・トリコロール・ハウンドはどんなワンちゃん?

フレンチ・トリコロール・ハウンド(French Tricolour Hound)は、フランス原産のセントハウンド(嗅覚猟)犬種です。「フランセ・トリコロール」や「シャン・フランセ・トリコロール」などと呼ばれることもあります。

フレンチ・トリコロール・ハウンドの歴史は?

フレンチ・トリコロール・ハウンドは、「フレンチ・ハウンド・グループ」に属し、このグループにはフランス原産のフォックスハウンドタイプの多くの犬種が属しています。このグループには、容姿や犬種名が似ているものが存在し、その分類や改名などが検討されています。

フレンチ・トリコロール・ハウンドはイングリッシュ・フォックスハウンド、ポワトヴァン、ビリー、グラン・ガスコン・サントジョワなどを掛け合わせて作出されました。イギリスのフォックスハウンドよりもスタミナやパワーのある犬種を目指して改良が行われました。

主にノロジカやイノシシなど大型哺乳類のセントハント(嗅覚猟)に使われます。パック(集団)で獲物の臭いを追跡し、発見すると飛び掛って噛み留めを行うことができます。その後、主人の命令により自ら仕留めることも行います。

現在も多くが実猟犬として飼育されていて、生涯ペットとして飼育される犬は非常に稀です。ペットとして飼われている犬でも、実猟犬をリタイアした犬が多いです。原産国フランス以外ではあまり飼育されていません。

フレンチ・トリコロール・ハウンドの特徴は?

フレンチ・トリコロール・ハウンドは筋肉質で引き締まった体つきをしていて、脚が長く走るのが速いです。スタミナが膨大で力が強く、獲物の臭いを追跡することが大好きです。マズルは細めで頭部は小さめです。耳は垂れ耳で、尾は垂れ尾です。

被毛はスムースコートで、毛色はトリコロール(白・黒・茶の3色)です。

性格は主人に忠実で従順、落ち着きがあります。勇敢で警戒心が強く、狩猟本能が高いです。猟犬種にはありがちな独立心や頑固さは少なく、長時間でも主人の命令に従いながら狩りを行うことができます。

フレンチ・トリコロール・ハウンドは主人家族に対しては友好的ですが、見知らぬ人や犬に対しては強い警戒心を抱き吠え立てることがあります。生粋の猟犬種であるため、家庭犬として飼育するには仔犬のころから厳しい訓練を積んでおく必要があります。

吠え声が大きいので、狭い場所や集合住宅での飼育は困難です。また、運動量がとても多いため、初心者はおろか日本では一般家庭での飼育も難しい上級者向けの犬種です。

かかりやすい病気は股関節形成不全などです。