ブルーティック・クーンハウンド

2019-08-12

ブルーティック・クーンハウンドはどんなワンちゃん?

ブルーティック・クーンハウンド(Bluetick Coonhound)は、アメリカ合衆国のルイジアナ州原産のツリーイング・ドッグ犬種です。

ブルーティック・クーンハウンドの歴史は?

ツリーイング・ドッグとは、木の上に追いつめて獲物を狩る猟で用いられる犬種を指し、主にアメリカ合衆国、カナダ、メキシコで活躍しています。イギリス原産のセントハウンドが祖先ですが、北米の動物は追い詰められると木に登ってしまうことが多く、ツリーイング・ドッグは木の上に追いつめられた獲物に向かって大きな吠え声で吠え続けられるように改良されています。

ブルーティック・クーンハウンドは20世紀に、アメリカン・ブルー・ガスコン・ハウンドを軽量化して更に狩猟能力を高める目的で改良することで作られた犬種です。アメリカン・ブルー・ガスコン・ハウンドをもとに、イングリッシュ・クーンハウンド、イングリッシュ・フォックスハウンドなどが掛け合わされ、より引き締まった体に改良されました。

本種には重量タイプと軽量タイプの2タイプが存在します。重量タイプはピューマ、アメリカクロクマ、ボブキャットを狩るのに使われ、軽量タイプはアライグマを専門としてツリーイングを行います。パック(集団)で獲物の臭いを追跡し、発見すると追いかけて木の上に追い詰め、逃げられないように木の下から吠え続けます。吠え声を聞いた主人が現場に駆けつけ、獲物を仕留めます。

1946年にアメリカ合衆国のユナイテットケネルクラブに新種として公認登録されました。

現在ブラック・アンド・タン・クーンハウンドと並んで人気があり、アメリカやカナダ以外でも飼育され、ツリーイング・ドッグとしてではなくセントハウンド(嗅覚猟犬)として広く使役されています。日本にもイノシシなどを狩るためのセントハウンドとして輸入され、飼育されています。

ペットやショードッグとして飼育されることは少ないです。アメリカでは、フィールド・トライアルの競技犬として人気が高まっています。

ブルーティック・クーンハウンドの特徴は?

ブルーティック・クーンハウンドには重量タイプと軽量タイプの2タイプが存在し、それぞれが別に繁殖されています。両タイプともに、脚は長く、マズルの先が尖って、アゴの力は強いです。耳は前方についた垂れ耳で、尾は飾り毛のない垂れ尾です。

重量タイプは、筋肉隆々でややがっしりとしていて、頭部が大きくサイズが大きめです。走るのは早くありませんが、パワフルで狩猟本能が高く、大型獣の狩猟に適しています。

猟犬気質が強く、頑固で独立心が旺盛なのが欠点といわれています。

軽量タイプは、筋肉質ですが引き締まり、コンパクトな体つきをしています。頭部は小さくサイズも少し小さめです。走るのが速いですが、力の強さは重量タイプに及びません。小型獣の狩猟やショードッグに向いています。

猟犬気質は抑えられ、より扱いやすい性質です。

両タイプともに、被毛は硬めのスムースコートです。本種一番の特徴は毛色で、ブルーローン(青かす毛)を地として、ブラックの大きい斑が入っています。マズルや足先にタンのマーキング、目の上にホワイトのマーキングが入るものも多いです。

性格は忠実で従順、友好的です。特に重量タイプは、勇敢で粘り強く頑固で独立心が強い猟犬気質も持ち合わせています。

ブルーティック・クーンハウンドはしつけは主人からしか受け付けません。ペットとして飼育する場合は主人自身がしっかりとした訓練を行うことが必要です。状況判断力は高く、番犬として頼りになる犬種でもあります。

猟犬としてはとても優秀です。雷鳴のような吠え声はよく響き、ツリーイングに適しています。

運動量がとても多いため、初心者の飼育は難しいです。また、吠え声が大きいので、都市部の住宅地での飼育は困難です。