ブリケ・グリフォン・バンデーン

2019-08-12

ブリケ・グリフォン・バンデーンはどんなワンちゃん?

ブリケ・グリフォン・バンデーン(Briquet Griffon Vendeen)は、フランスのバンデーン地方原産のセントハウンド(嗅覚猟)犬種です。4種のバンデーン犬種の1つです。

ブリケ・グリフォン・バンデーンの歴史は?

ブリケ・グリフォン・バンデーンは15世紀頃から存在していた犬種で、グラン・グリフォン・バンデーンを小型化して作られました。

ウサギなどの小型獣だけでなく、シカのような大型獣の狩猟も行える万能猟犬種として作出されました。被毛が強化され、茨の中をくぐってもケガをしにくく、悪天候下でも狩猟を行うことができるワイアーコートに改良されました。

作出後すぐに人気が出ましたが、フランス革命と2度の世界大戦によって数が激減し、絶滅寸前に追いやられてしまいます。

戦後、少しずつ頭数を回復していますが、現在も希少な犬種となっています。猟犬としてだけでなくペットとしても飼育されています。

ブリケ・グリフォン・バンデーンの特徴は?

グラン・グリフォン・バンデーンに比べるとサイズが小さく、やや細身です。耳は垂れ耳で、尾は垂れ尾です。

被毛はもこもことした硬めのラフコートです。毛色はホワイト・アンド・レモンやミルク・アンド・カフェオレなどがあります。

性格は内向的で優しいですが、少々頑固な面もあります。

グラン・グリフォン・バンデーンはしつけの飲み込みはあまり早くありませんが、状況判断力や協調性が高い犬種です。運動量はやや多いです。

被毛の手入れは、毎週ブラッシングをし、たまにもつれている毛をといてあげましょう。