ブラク・ドーヴェルニュー

2019-08-12

ブラク・ドーヴェルニューはどんなワンちゃん?

ブラク・ドーヴェルニュー(Braque d’Auvergne)は、フランスのオーヴェルニュー地方原産のポインター犬種です。「オーヴェルニュー・ポインター」と呼ばれることもあります。

ブラク・ドーヴェルニューの歴史は?

ブラク・ドーヴェルニューの生い立ちについてはよく分かっていませんが、2世紀ごろに作出された古い犬種です。オーヴェルニュー地方地方に存在していた2種のポインター犬種の長所を残すように掛け合わせ、獲物を精力的に追い続ける強いポインター犬種を目指して作り出されました。

主に山岳地帯でウズラを取るために使われていました。嗅覚でウズラを捜索し、発見するとポインティングと呼ばれる姿勢をとって主人に鳥の居場所を教えます。そして主人が撃ち落とした獲物を回収するできました。

フランス革命や二度の世界大戦の戦渦に巻き込まれ、度々絶滅の危機に陥りました。

しかしなんとか生き伸び、現在も実猟犬として活躍しています。大半は原産地で飼育され、フランス国外では滅多に見られない珍しい犬種です。

ブラク・ドーヴェルニューの特徴は?

ブラク・ドーヴェルニューは引き締まった筋肉質の体つきで、スタミナがあります。脚は細長く、スピードはあまり速くないものの、足腰が非常に強いため、起伏の激しい場所や足場の悪い場所でも難なく作業することができます。頭部は他のポインター犬種と比べるとやや大きめです。耳は垂れ耳で、尾は垂れ尾ですが、3分の1ほどの長さに断尾されることもあります。

被毛はスムースコートで、毛色はブラック・ローン・アンド・ブラックなどがあります。

性格は活発でまじめです。主人家族には忠実ですが、頑固で独立心旺盛な一面もあります。

ブラク・ドーヴェルニューは運動量は莫大で、飼育の際にはしっかりとした訓練が必要なため、一般家庭での飼育は難しい犬種です。

しつけは基本的に主人からのみ受け付けます。