ブラックマウス・カー

2019-08-12

ブラックマウス・カーはどんなワンちゃん?

ブラックマウス・カー(Black Mouth Cur)は、アメリカ合衆国原産のツリーイング・ドッグ犬種です。サザン・ブラック・マウス・カーと呼ばれることもあります。

ブラックマウス・カーの歴史は?

ツリーイング・ドッグとは、木の上に追いつめて獲物を狩る猟で用いられる犬種を指し、主にアメリカ合衆国、カナダ、メキシコで活躍しています。イギリス原産のセントハウンドが祖先ですが、北米の動物は追い詰められると木に登ってしまうことが多く、ツリーイング・ドッグは木の上に追いつめられた獲物に向かって大きな吠え声で吠え続けられるように改良されています。

ブラックマウス・カーは19世紀頃、アメリカ合衆国のミシシッピー州で誕生しました。ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノアを基礎に、クーンハウンド系のツリーイング・ドッグ犬種を掛け合わせることで作出されました。

主にリス、フクロネズミ、アライグマ、アメリカクロクマをツリーイングするのに使われています。パック(集団)で獲物においを追跡し、発見すると木の上に追い詰めます。

訓練によっては、昼間の猟あまり吠えないように、夜間の猟では追跡中に吠えさせて犬の場所が把握できるようにすることもできます。

ツリーイングの他に、牧羊犬や牧牛犬、警備犬としても使われています。

アメリカでは人気のある猟犬ですが、その他の国ではほとんど飼育されておらず、知名度も低くなっています。

ブラックマウス・カーの特徴は?

ブラックマウス・カーは筋肉質の体つきをしています。上唇は少し長めで、マズルは短めですが、あごの力は強靭です。耳はローズ耳、尾は先細りの垂れ尾です。

被毛はスムースコートです。毛色はイエローですが、稀にイエロー系のフォーン、薄ブラウン、ブラック、ブルー、ブリンドルの犬のいます。耳とマズルが黒い「ブラックマスク」というマーキングが入っています。

性格は従順ですが、勇敢で狩猟本能が高いです。

ブラックマウス・カーはツリーイング・ドッグの特性なので吠え声が非常に大きくよく響きます。都会の集合住宅地のような、隣近所が近い住環境での飼育には向きません。

また、運動量はかなり多いので、初心者が飼育するのは難しい犬種です。