プーミー

2019-08-11

プーミーはどんなワンちゃん?

プーミー(Pumi)は、ハンガリー原産の牧羊犬種です。

プーミーの歴史は?

プーミーは17世紀から18世紀、ハンガリーの土着のプーリーとブリアール、ジャーマン・ウルフスピッツ、さらに直立耳のテリア犬種が自然に混血した犬種を改良し作り出されました。

独立した犬種として承認されたのは20世紀初頭です。FCI(国際畜犬連盟)には1966年に公認されました。

主に牧羊犬として活躍し、原産国ハンガリーでは今でも牧羊犬として使役されています。外見が特徴的なので、ヨーロッパ各国へ輸出されてペットやショードッグとしても飼われるようになりました。しかし未だ知名度は低いです。

プーミーの特徴は?

プーミーは優れた牧畜犬で、大型動物のハーディングにも適しています。嗅覚がたいへん発達しています。

脚はやや長く、身体能力が高いです。耳は半垂れ耳で、尾は巻き尾です。

被毛はプードルのようにカールしている厚い剛毛です。毛色はホワイトやブラック、ウイートンなどさまざまな単色です。

性格は気が強く、見知らぬ人や犬に対しては強い警戒心を示します。

プーミーはペットとしても飼育できる犬種です。警戒心は強いですが、遊ぶ事が大好きなので、最初は近寄らない人とでも長時間遊んだり、好奇心がくすぐられると心を開いて近寄っていくという一面もあります。

室内で飼うことができますが、十分な運動を必要とします。ドッグ・スポーツにも適しています。