プードルポインター

2019-08-11

プードルポインターはどんなワンちゃん?

プードルポインター(Poodlepointer)は、ドイツ原産のポインター犬種です。

プードルポインターの歴史は?

プードルポインターは19世紀後半に、獲物の追跡と回収ができる猟犬種を目指して作出された犬種です。

綿密な交配計画が立てられ、ジャーマン・ポインター90頭と、プードルの先祖犬種を7頭用意し、それらを交配させてブリーディングを進めました。さらにイングリッシュ・ポインター、スタンダード・プードルを交配させて完成したのがプードルポインターです。

ヤマウズラやウサギ、キツネ、イノシシなどの狩猟で活躍しました。嗅覚で獲物を追跡し、居場所が分かるとポイントと呼ばれる片足を挙げて立ち止まる姿勢をとり、猟師に獲物の居場所を教えます。

猟師が猟銃で獲物を仕留めると、プードルポインターがそれを回収しました。

現在も希少な犬種で、多くは実猟犬かショードッグとして飼育されています。ペットとして飼われている犬は少ないです。

プードルポインターの特徴は?

プードルポインターはポインター犬種のように、獲物を見つけて居場所を教える能力と、レトリーバー犬種のように獲物を回収する能力を併せ持ちます。

スピードがあること、賢さとしつけやすさもプードルポインターの特徴です。

被毛はふさふさしていて、少し巻いています。毛色は基本的に単色です。

プードルポインターの運動量はかなり多く、都市部のマンションなどの狭い住環境では飼育できない犬種です。

抜け毛が少なく低アレルゲンなので、犬のアレルギーを持つ人でも飼育しやすいといわれています。