ピレニアン・シープドッグ・ロングヘアード

ピレニアン・シープドッグ・ロングヘアード(Pyrenean Sheepdog Long-haired)は、フランスのピレネー山脈原産の牧羊犬種です。

ピレニアン・シープドッグ・ロングヘアードの先祖犬は超古代犬種の一つで、紀元前7000年~6000年ごろにクロマニヨン人によって飼育が行なわれていたのではないかともいわれています。しかし、本種がいつごろ犬種として成立したかははっきり分かっていません。少なくとも13世紀には誕生したとされており、古い犬種であるといえます。

主にピレネー山脈の牧羊犬として羊の誘導を行なうのに使われ、同じ地域原産のグレート・ピレニーズと一緒に仕事を行い、本種が羊の管理・誘導(牧羊)、グレート・ピレニーズが羊の護衛(護畜)を行うように役割が分担されていました。

第一次世界大戦が起こった際には小柄な体で賢いところを買われ、軍用犬として働きました。任務は、飛行機から地上へパラシュートをつけて降り立ち、特定の人物のもとへメッセージを伝える伝令犬、隠れた敵の軍人を探し出す偵察犬、ケガ人を探して救急箱を届け、本部にケガ人がどこにいるのかを伝える救護犬などとして働くことでした。

然し、劣悪な飼育環境や苛酷な任務、主人から引き離されたストレスや敵軍の銃弾などによって多くの犬が命を落とし、第一次世界大戦の終結後は絶滅寸前の危機に追いやられてしまいました。

戦後は牧羊犬としてだけでなくペットやショードッグとしても飼育されるようになりました。

現在でも多くは実用犬として飼育され、ペットやショードッグとして飼われているものは少ないです。近年日本にも輸入されましたが、まだかなり珍しい犬種となっています。

ピレニアン・シープドッグ・ロングヘアードは引き締まった体つきをしていて、脚は細く、身体能力が高いです。耳は垂れ耳で、尾はサーベル形の垂れ尾ですが、かつては耳を丸く断耳して立ち耳にし、尾は短く断尾することもありました。頭部は小さめで、マズルは短めです。

被毛タイプは2種類あり、1つは顔まで伸びる長いコートに全身を包まれたロングヘア、もう1つはロングヘアよりもやや短いゴートヘアでです。

毛色はフォーン、グレー、ブルー、ブラック、ブリンドル、ウイートン(小麦色)などで、これに顔の部分(耳やマズルなど)が黒い「ブラックマスク」や、ブラックのティッピングが入ったものもいます。

性格は活発で明るく勇敢ですが、警戒心が強くやや神経質です。新しい環境や見知らぬ人になじむのが苦手です。

ピレニアン・シープドッグ・ロングヘアードは家族やその犬に対しては心優しいですが、気に入らない場合は吠え立ててしまうこともあります。

家庭犬として飼育するには無駄吠えを抑えるしつけを行なっておくことが必要です。

多頭飼いにもあまり向きませんが、後輩犬よりも一番に愛情を注ぐことで無駄吠えなどを避けることができます。

運動量は普通です。

かかりやすい病気は高温多湿の環境下で飼育した際に地肌が蒸れて起こりやすい皮膚疾患、被毛が目に入って起こりやすい眼疾患などがあります。

殺処分ゼロを考えて!!