ピカルディー・スパニエル

2019-08-11

ピカルディー・スパニエルはどんなワンちゃん?

ピカルディー・スパニエル(Picardy Spaniel)は、フランス原産のスパニエル犬種です。ブルー・ピカルディー・スパニエルは本種をもとに作出された別犬種です。

ピカルディー・スパニエルの歴史は?

ピカルディー・スパニエルの起源について、はっきりしたことは分かっていませんが、14世紀ごろに誕生した犬種で、古いセッター犬種の子孫であるといわれています。

主にカモやヤマシギなどを狙う鳥猟で活躍していました。獲物を見つけると、セッティングやポインティングと呼ばれる姿勢をとって主人に教えます。そして自らフラッシング(追いたて)を行って鳥を茂みから飛び立たせ、主人が猟銃で撃ち落した獲物を回収することもできました。

多才な能力を持つ猟犬として重宝されていましたが、19世紀頃に異種交配が無計画に行われるようになってしまうと、純血の犬の数が減って絶滅寸前になってしまいました。

その後、純血種の保護が進められ何とか頭数を増やしましたが、いまだ希少な犬種となっています。

ピカルディー・スパニエルの特徴は?

スパニエル犬種とセッター犬種の両方の特徴が見られる犬種です。ややがっしりとした体つきをしています。耳は垂れ耳で、尾は垂れ尾で、耳と尾には飾り毛があります。脚は長いです。

被毛はウエーブがかった短めのロングコートです。毛色はブラウンとホワイトが入り混じった、ブラウン・ティッキングという変わった色を地とし、その上にブラウンの斑が入り、足先などにはタンのマーキングが入ったものなどがあります。

性格は陽気で優しく、友好的です。

子供や他の犬に対してもとても友好的で、番犬としては使えないこともあるほど人懐こい犬種です。しつけもよく入り、状況判断力も優れています。

運動量は普通で、家庭犬として飼育するのにも向いています。