ビーグル・ハーリア

2019-08-11

ビーグル・ハーリアはどんなワンちゃん?

ビーグル・ハーリア(Beagle-Harrier)は、フランス原産のセントハウンド犬種です。ビーグルとハーリアを組み合わせた二重純血犬種で、ビーグルとは別犬種です。

ビーグル・ハーリアの歴史は?

ビーグル・ハーリアは1920年代にビーグルとハーリアの良点を合わせ持った犬種を目指して作出されました。この2犬種を交配させて生まれた犬をもとに改良を行うことで誕生しました。

ビーグルの鋭い嗅覚とハーリアのスピードと粘り強さを受け継ぎ、パック(集団)でキツネやウサギを狩るための猟犬として使われるようになりました。

原産国のフランス国内では現在も猟犬として活躍していますが、コンパニオン・ドッグとして飼育される方が多くなっています。

ビーグル・ハーリアの特徴は?

ビーグル・ハーリアの外見はビーグルの特徴を受け継いでいますが、脚が長く体力があり、太りにくい点にはハーリアの影響が感じられます。

被毛はスムースコートで、毛色はハウンドカラー(白・タン・黒の3色)です。

性格は明るく温和です。

ビーグル・ハーリアは、他の犬に対しても協調性があり、多頭飼いにも向いています。

毎日適度な運動が必要です。長めの散歩に、飛んだり跳ねたりといった運動を取り入れるとよいでしょう。外に出ると探検に夢中になる傾向があるので、普段から呼び戻しをしっかり教えておきましょう。

声が大きいので、無駄吠えしないようしつける必要があります。

しつけは必要ですが、拒否反応を示している場合は強制しないことが大切です。

耳が垂れているため、蒸れて外耳炎になりやすいです。耳を清潔に保つように心がけましょう。