パピヨン

パピヨン(Papillon)は、フランス原産の犬種です。「パピヨン」は、フランス語で「蝶」を意味し、耳が「蝶の形」に似ていることからこの名前が付けられました。

16世紀頃にヨーロッパで貴族の間で人気だったスペイン原産のスパニッシュ・ドワーフ・スパニエルがもとになってパピヨンが誕生しました。

ポンパドール婦人を虜にし、マリーアントワネットやルイ14世もパピヨンをこよなく愛し、何頭も輸入したといわれています。羽飾りのある尾がリスの尾のようにクルっとカーブを描いてリスに似ていることから“スクウィール(リス)・スパニエル”とも呼ばれていました。

当時のヨーロッパでは入浴の習慣が無く、蚤やダニなどが、人に寄生するので、それを避ける為にも犬を飼っていました。

しかし、フランス革命が起こると、貴族と共に数多くのパピヨンが殺害されました。

初期のパピヨンは耳が垂れていましたが、19世紀末ごろ、スピッツやチワワと交配させて改良し、現在の立ち耳を持つタイプが生まれました。立ち耳が蝶に似ていることから「パピヨン」と呼ばれるようになりました。垂れ耳タイプも立ち耳タイプもどちらも同犬種とされていますが、垂れ耳のものは「蛾」を意味するファレンと呼ばれています。

現在もパピヨンはペットとして人気のある犬種です。また可憐なショードッグや、服従競技の名選手としても活躍しています。

小さく華奢な割に丈夫で、ネズミ捕りの技術は猫に勝るともいわれています。

被毛は絹糸のように長くてまっすぐです。毛色は白の地に、黒やレッドなどの斑があります。

性格は活発で従順です。利口ですが、少し神経質なところもあります。

安産で、子育てがうまいといわれています。

パピヨンは従順で反応がよく、穏やかで人なつこい犬種です。見知らぬ人や他の犬、他のペットとも仲よくし、子供の相手としても理想的といえます。ただ、なかには神経質な犬もいます。

毎日適度に散歩をさせましょう。精神的な刺激も与えてあげるために、ゲームなどをとり入れると良いでしょう。比較的難しいゲームでも喜んで参加するでしょう。

屋外で飼育することはあまりおすすめできません。

小型で手入れに手間がかからず、体臭も少ないなど日本の住宅事情にも適しています。

週に2回はブラッシングをしてあげてください。

殺処分ゼロを考えて!!