ハノーヴァリアン・ハウンド

ハノーヴァリアン・ハウンド(Hanoverian Hound)は、ドイツ原産のセントハウンド(嗅覚猟)犬種です。犬種名が似ている、バヴァリアン・ハウンドは別犬種です。

ハノーヴァリアン・ハウンドは19世紀初頭、ハノーヴァー地方で嗅覚と力強さに秀でた犬種を目指して作出されました。ブラッドハウンド、ハイデ・ブラカ、ハールツァー・ブラカなどの犬種を交配させて誕生したといわれています。

主にシカやイノシシなどの大型獣の猟に使われ、長いリードにつながれて獲物の臭いを追跡します。獲物を発見するとリードが外され、ハノーヴァリアン・ハウンドは臆することなく獲物に飛び掛ります。そして自ら仕留める事ができます。

もとから希少種で数が少なく、しっかりとした管理が行われていたため2度の世界大戦を経ても頭数が減少することはありませんでした。

本種はほとんどがドイツ国内の狩場管理人か森林警備員に飼われているため、ペットやショ-ドッグとしてはあまり飼育されていません。そのため原産地以外での知名度は低いです。

ハノーヴァリアン・ハウンドはがっしりとした体格で重量級ですが、胴が長くやや短足なため、見た目に大きすぎる印象はありません。耳は垂れ耳で、尾は太い垂れ尾です。

嗅覚が優れ、猛烈な勢いで獲物の臭いを追跡します。

被毛はスムースコートで、毛色はセーブルやブリンドル、ブラックがかった茶色などがあります。

性格は大人しく従順で、家族に対しても他の犬に対しても友好的です。猟犬としては勇敢で、非常に粘り強いです。大型獣とも戦うことができます。

ハノーヴァリアン・ハウンドは頭の良い犬種なので、猟だけでなく普通のしつけの飲み込みも早いです。性格がよく健康な犬種なので、家庭犬としても優秀ではありますが、40kgを超える体重によりペットとしてはあまり飼育されません。

たっぷりとした運動や他の犬との交流が必要で、猟場で他の犬と一緒に狩りをすることに適しています。

殺処分ゼロを考えて!!