バーニーズ・マウンテン・ドッグ

2019-08-11

バーニーズ・マウンテン・ドッグはどんなワンちゃん?

バーニーズ・マウンテン・ドッグ(Bernese Mountain Dog)は、スイス原産の犬種です。この犬種名は英語読みですが、スイスでは原産地ベルン市にちなんでベルンナー・ゼネフンド(ベルンの山犬)と呼ばれています。

同じくスイス原産のマウンテン・ドッグである、アペンツェル・キャトル・ドッグ、グレーター・スイス・マウンテン・ドッグ、エントレブッハー・キャトル・ドッグは親戚種です。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの特徴は?

スイス原産の他のマウンテン・ドッグ同様、バーニーズ・マウンテン・ドッグは2000年以上前からアルプスの厳しい気候の中で人々と生活を共にしてきました。本種の先祖犬は、古代ローマ軍のスイス侵攻の際にもたらされた、マスティフ系の軍用犬とスイス土着の牧畜犬だと考えられています。

バーニーズ・マウンテン・ドッグは、牧畜犬、護衛犬としてだけではなく、ミルクや乳製品、農産物などの輸送・運搬の際に荷車を引く仕事になくてはならない犬種でした。首都ベルン市では織物業者の荷車を曵く犬として知られていました。

しかし、自動車や輸送機関の発達に伴い需要が減り、第一次大戦後には雑種化し、絶滅寸前に陥ってしまいました。それでもその後、熱心なブリーダーによって国内に残っていた数頭のバーニーズ・マウンテン・ドッグから復元されました。

バーニーズ・マウンテン・ドッグの特徴は?

バーニーズ・マウンテン・ドッグは全体的に大きく、がっしりと丈夫な体格をしています。たくましさと機敏さをバランスよく持ち合わせているので、荷物などを引く牽引き作業にも、家畜の群れを誘導する仕事もこなします。

被毛は二重構造で上毛はストレートもしくはわずかにウェーブがかかっており、長くなっています。悪天候にも耐え得る分厚い被毛です。毛色はつやのある黒にリッチタンやホワイトのマーキングがあります。

性格は温和で優しく従順です。攻撃性はありません。寂しがり屋な一面もあります。子犬時代はやんちゃですが、1歳くらいになると落ち着きが出てきます。

バーニーズ・マウンテン・ドッグは訓練性能が高く、主人に忠実で温和な性格が好まれ、ヨーロッパでは家庭犬としての人気が高い犬種です。家族を慕う気持ちが強く、我慢強いので子供にも優しく接します。

寒い地方はもちろん、ある程度温暖な地方まで幅広く順応できます。また、屋外を好む傾向があり、屋外飼育も適していますが、家族から遠い場所に隔離してしまうのは精神的によくないといわれています。しかし暑さには弱く、夏の暑い日には熱中症を防ぐため、屋内飼育が望ましいでしょう。普段から屋内で飼育する場合、若い犬にはある程度のスペースが必要です。そして股関節が弱い犬が多いため、硬い床にはじゅうたん等を敷き股関節に負担が掛からない様にしましょう。

かかりやすい病気は股関節形成不全です。また太りやすく、肥満にさせてしまうと股関節に負担がかかり、股関節脱臼などになることがあります。

被毛は普段なら週に1~2回、換毛期には頻繁なブラッシングを行いましょう。耳が垂れているため耳垢がたまりやすいので定期的に耳掃除を行いましょう。