パーソン・ラッセル・テリア

2019-08-11

パーソン・ラッセル・テリアはどんなワンちゃん?

パーソン・ラッセル・テリア(Parson Russell Terrier)は、イギリス原産のテリア犬種である。ジャック・ラッセル・テリアの近縁種です。

パーソン・ラッセル・テリアの歴史は?

パーソン・ラッセル・テリアとジャック・ラッセル・テリアはもともと同一の犬種でした。ジャック・ラッセル・テリアは19世紀初頭にキツネ狩り用の猟犬種として作出されましたが、人気が出るにつれ毛色や毛質、体形、サイズの個体差が大きくなっていきました。

ペットとして人気が高まった犬種は多くの場合小型化していきますが、ジャック・ラッセル・テリアも同様でした。小型化しい行くジャック・ラッセル・テリアに歯止めをかけ、キツネ狩り全盛時代の同犬を保存しようとしたのがパーソン・ラッセル・テリアであるといえます。

JKC(ジャパンケネルクラブ)は、主としてサイズにより区分し、両犬種を公認しています。

パーソン・ラッセル・テリアの特徴は?

パーソン・ラッセル・テリアは土中に潜って狩りをする能力を持ったワーキング・テリアです。ジャック・ラッセル・テリアよりサイズが大きく、狩猟能力に優れた犬種です。運動能力が非常に高く、猟欲旺盛で攻撃的です。

被毛はスムースタイプなどです。毛色は白単色もしくは、白の地に、頭部および尾根のみに色がついています。

性格は勇敢かつ親しみやすいです。

パーソン・ラッセル・テリアは猟犬として活躍できる犬種です。特にキツネ狩りに向いています。普段から活動的で、体を動かしていないと気がすまないような様子です。猟に使わない場合でも毎日運動させ、エネルギーを発散させてあげましょう。引き運動の他、何かを追いかけるようなゲームをとり入れてあげるとよいでしょう。

きちんとしたトレーニングが必要な犬種でもあります。我慢強くはないため、子供や小動物との接触は咬傷事故が起きないよう特に注意が必要です。自由にどこでも探検したがりますが、その場所が安全かどうかを確認してから、歩き回らせるようにしてください。

気をつけていないと、勝手に穴に入り込んでしまい、掘り出してやらなくてはならない、などということもありえます。小動物やボールなど動くものには非常に敏感に反応し、それが自動車やバイクまで及ぶこともあるので、事故防止のために幼い頃からのどんなときでも制止または注目させられる訓練が必要です。

被毛のお手入れは、スムースタイプは、抜け毛を取り除き血行促進のためラバーブラシでブラッシングします。