ノルウェイジアン・エルクハウンド・ブラック

ノルウェイジアン・エルクハウンド・ブラック(Norwegian Elkhound Black)は、ノルウェー原産の犬種です。「ブラック・ノルウェイジアン・エルクハウンド」と呼ばれることもあります。ノルウェイジアン・エルクハウンド(グレイ)は、これの親戚種にあたります。

作出された年代の詳細は不明ですが、1877年にはすでに犬種として存在していました。雪の中でも猟をする際に見えやすくし、夜間の猟の際には獲物に見つかりにくくするために犬の毛色を真っ黒にすることが提案され、ノルウェイジアン・エルクハウンド(グレイ)に数種の猟犬種を掛け合わせて作られたといわれています。

主にエルク猟で活躍していました。エルクとはヘラ鹿の事で、鹿のなかでは最大級の大型獣です。他にもノウサギやクマなどを狩るのにも使われます。

狩猟の方法は、犬に長い革ひもを付け、猟師を先導させる方法や、犬を自由に走らせ、獲物を発見すると猟師に吠えて知らせるという方法です。吠えたてて獲物を撹乱させたり噛み留めを行って獲物を動けなくし、猟師に銃で仕留めてもらいます。

FCI(国際畜犬連盟)にはノルウェイジアン・エルクハウンド(グレイ)とは別の犬種として登録されています。世界的にはグレイ種の方が知名度が高くなっています。多くは原産国で飼育され、原産国外ではあまり見られない犬種となっています。

ノルウェジアン・エルクハウンド・ブラックは、日本犬のようなスピッツタイプの犬種です。筋肉質の体つきをしていて、グレイ種よりも脚が長いです。頭部もグレイより小さめです。耳は立ち耳で、尾は巻き尾です。

被毛は硬めのショートコートで、グレイ種より少し短めです。毛色はジェット・ブラックです。ごく稀にブルーの毛色の犬も生まれます。

性格は喧嘩っ早くグレイよりも無愛想であるといわれますが、主人には忠実で従順です。

主人家族に対しては強い愛情を示します。

生粋の猟犬種で運動神経がよく、運動量は莫大です。

北欧原産の犬種であるため、寒さには非常に強いですが暑さには弱いです。毛色が黒いので熱がこもりやすく、暑い地域で飼育した際に熱中症を引き起こしやすくなります。温かい地域で飼育する場合や夏の暑い日には冷房のきいた室内に入れてあげましょう。

殺処分ゼロを考えて!!