トルニャック

トルニャック(Tornjak)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ原産の護畜犬種です。

トルニャックの最も古いの記録は1062年のもので、それ以前から犬種として存在していたと考えられています。チベタン・マスティフをもとに、土着の犬種や狼の血を加えて誕生したといわれています。

主に護畜犬として使われ、狼や熊から羊を守っていました。飼い主はトルニャックを仔犬の頃から羊と共に飼育することで、羊を家族と認識させ愛着と防衛心を持たせ、自然と羊を守るようにします。トルニャックは昼間だけでなく夜間も警戒心を怠らず、家族に迫る敵を追い払ったり倒したりする事ができます。

また、家屋や倉庫の見張る番犬としても重宝されています。

羊飼いによって大切にされていたため、2度の世界大戦や旧ユーゴスラビア紛争を乗り越えて生き残ることができました。しかし、もともと希少であったこともあり、1996年の時点でもその頭数は非常に少なく、原産地外に輸出されたものを含めても200頭ほどしか存在していませんでした。

その後、原産国内外で人気が高まりつつあり、徐々に頭数を増やしています。

現在、原産地ではほとんどが実用犬として飼育されていますが、近年はショードッグやペットとしても飼育されています。まだまだ知名度の低い犬種です。

トルニャックはがっしりとした体格をしています。耳は垂れ耳で、尾はふさふさした垂れ尾ですが、尾は3分の2の長さに断尾する事もあります。

被毛はロングコートで、顔や足の毛は短くなっています。毛色はホワイト地にレッドやタンなどの斑があります。

性格は明るくとても忠実ですが、警戒心が強く頑固な一面もあります。

トルニャックの運動量は多めで、室内よりも室外にいることを好む犬種です。都会の狭い集合住宅では飼育できない犬種です。

見知らぬ人や動物には強い警戒心を示すため、頼もしい番犬になります。

かかりやすい病気は大型犬でありがちな股関節形成不全です。

殺処分ゼロを考えて!!