トイ・マンチェスター・テリア

トイ・マンチェスター・テリア(Toy Manchester Terrier)は、イギリスのイングランド原産のテリア犬種です。マンチェスター・テリアを小型化した犬種です。「イングリッシュ・ブラック・アンド・タン・トイ・テリア(English Black and Tan Toy Terrier)」と呼ばれることもあります。

トイ・マンチェスター・テリアは19世紀にマンチェスター・テリアを小型化し、耳が立ち、より俊足になるように改良を加えることで誕生しました。

イギリスのマンチェスター地方では、限られた時間内で犬がどれだけのネズミをしとめられるかを賭けて楽しむ「ネズミ早殺しレース」が盛んでした。トイ・マンチェスター・テリアは、このレースの大穴として使われ、スタンダードなマンチェスター・テリアに引けを取らない成績を見せました。小柄でひ弱に見せつつも狩猟能力は高く、有名な犬は3時間で300匹のネズミを殺したといわれています。

その後、ペットとしても人気が高まる中で、より小さなサイズの犬好まれるようになりました。繁殖家たちはさらなる小型化を目指して同系交配を進め、体重が1.1kgの犬まで現れるほどまで小型化が進みました。その結果、虚弱体質の犬が増えすぎてしまったことが問題となり、19世紀後半には人気が落ちてしまいます。

そこで、体高・体重の制限が緩和され、小さすぎない安定した犬質の確保が優先されるようになります。そうすることで再び人気を取り戻す事に成功すると、戦後は諸外国にも輸出され、各地でもペットとして人気の犬種となりました。

日本国内でも飼育されており、その後、繁殖家たちには、密かな人気を集めています。

トイ・マンチェスター・テリアはマンチェスター・テリアと同様、テリア犬種とは思えないスリムな体形で、引き締まった流線型のボディを持ちます。マズル・首・脚・胴・尾が長くなっています。耳の形はマンチェスター・テリアと異なり、ろうそく耳(ろうそくの炎のような形の耳)で直立しています。尾は飾り毛のないサーベル形の垂れ尾です。

被毛はなめらかなスムースコートです。毛色はブラック・アンド・タンかブラック・アンド・マホガニーです。

トイ・マンチェスター・テリアは狩猟本能がやや残されているため、ネズミなどを飼っている場合は見せないように注意した方がよいでしょう。

運動量はやや少なめなので、飼育しやすい犬種です。

外で駆け回って遊ぶこともありますが、屋外で飼育できる犬種ではありません。寒さにもかなり弱いので、室内で飼い、暖かく柔らかい寝床を用意してあげましょう。

被毛の手入れは最小限で大丈夫です。たまにブラッシングをしてむだ毛を取り除いてあげてください。

殺処分ゼロを考えて!!