タイ・リッジバック・ドッグ

タイ・リッジバック・ドッグ(Thai Ridgeback Dog)は、タイ原産のガードドッグ・狩猟犬種です。背にリッジバックと呼ばれる独特な毛並を持ちます。タイでは「マー・タイ」と呼ばれ、タイで唯一のFCI(国際畜犬連盟)公認犬種です。

タイ・リッジバック・ドッグは大昔の地層から、よく似た犬の化石が発見され、約3000年前には既に存在していた古代犬種であると言われています。ディンゴ(原始的な野犬)に近い犬種で、ほかの犬種との交流がなく愛好家により保存されていたため、その血統が維持されてきました。

ちなみに、ベトナム原産のプー・クォック・リッジバック・ドッグの方が先祖犬種に近いと見られています。

主に家の番犬として飼われていますが、時にはイノシシやウサギをパック(集団)で狩る事もあります。

近年、外国にもタイ・リッジバック・ドッグの存在が知られ、ショードッグとして飼育されるものも増えています。しかし、世界的には珍しい犬種となっています。日本でも時々輸入されていますが、数は少ないです。

タイ・リッジバック・ドッグは原始的な面影を残し、引き締まった筋肉質の体つきをしています。大きめの立ち耳、垂れ尾をもちます。爪はジェットブラック色で硬く、脚が長くて身体能力も非常に高いです。持久力に富み、行動力があり、跳躍力も優れ、行動性に富む体躯構成をしています。

被毛は、スムースコートです。毛色はレッド、ブルー、ブラック、シルバーがあります。どの毛色でもマズルは黒くなっています。うなじのあたりから尾の付け根まで一筋の毛並みが逆になっているリッジバックを形成しているのが大きな特徴です。リッジバックには矢印型や針型などの数種類の型があります。

性格は物静かで忠実、愛情深く温和であるが、警戒心が強いです。

タイ・リッジバック・ドッグは主人に忠実で、家庭犬として適しています。警戒心が強く、不審者や物音に対しては、執拗に吠えて威嚇し続けるので、番犬としても頼もしい存在です。

殺処分ゼロを考えて!!