ステファンス・ストック・マウンテン・カー

ステファンス・ストック・マウンテン・カー(Stephens Stock Mountain Cur)は、アメリカ合衆国のケンタッキー州原産のツリーイング・ドッグ犬種です。「スティーブンス・ストック・マウンテン・カー」と呼ばれることもあります。

ツリーイング・ドッグとは、木の上に追いつめて獲物を狩る猟で用いられる犬種を指し、主にアメリカ合衆国、カナダ、メキシコで活躍しています。イギリス原産のセントハウンドが祖先ですが、北米の動物は追い詰められると木に登ってしまうことが多く、ツリーイング・ドッグは木の上に追いつめられた獲物に向かって大きな吠え声で吠え続けられるように改良されています。

ステファンス・ストック・マウンテン・カーはヒュー・スティーブンスという人物によって独自に改良が加えられ、作出されたツリーイング・ドッグです。カーとはごく一般的なツリーイング・ドッグのタイプことで、他のタイプよりも激しく吠えるものを指します。

本種はサイズこそやや小さめですが、肝の強さは大型並みです。作出後もスティーブンス家で代々守り継がれ、誕生から100年以上経った1970年代にアメリカで独自の犬種として認められました。

近年はペットとして飼われることも増えてきましたが、多くは実猟犬として飼育されています。ケンタッキー州以外ではめったに見られない、珍しい犬種です。

カーとしては小柄ですが、引き締まった体つきをしていて、細く長い脚をもちます。耳は垂れ耳、尾は飾り毛のない垂れ尾です。

被毛はショートコートで、毛色はブラック・アンド・ホワイトです。ベースはブラックで、マズル、ブレーズ、のど、胸部、腹部、足先、尾先にホワイトのマーキングが入っています。

性格は主人に忠実で従順ですが、勇敢で大胆不敵です。

また狩猟本能が高いです。主にリスとアライグマを狩るのに使われ、パックで獲物のにおいを追跡し、発見すると吠えながら追いかけ、木の上に追い詰めます。追い詰めた後も吠え続け、獲物が逃げられないようにします。主人が到着すると、木に登って獲物を振り落としてもらうか、猟銃で撃ち落してもらい、落ちてきた獲物を犬が仕留めて狩猟は完了します。

ステファンス・ストック・マウンテン・カーは生粋の猟犬種であるため、運動量は多めで、獲物のにおいを追跡することが大好きです。

殺処分ゼロを考えて!!