カオ・デ・フィラ・デ・サン・ミヘル

カオ・デ・フィラ・デ・サン・ミヘル(Cao de Fila de Sao Miguel)は、ポルトガルの沖合いにあるアゾレス諸島原産の牧牛犬です。単にミゲルと呼ばれる事もあり、頭がよいため「インテリ・モロッサー」という別名も持ちます。一見、とても凶暴そうに見えますが、実は学習能力の高い賢い犬です。

移民がアゾレス諸島に連れてきたマスティフタイプの犬種やブルドッグタイプの犬種が元になっていると考えられています。

島という隔離された環境でのみ生息していたため、長い間純血を保つ事ができました。

カオ・フィラ・デ・サン・ミヘルは1800年代には、すでにアゾレス諸島に存在していたことが確認されています。

かつては闘犬として使われていましたが、闘犬が廃止されてからは牛追い犬や番犬として使われるようになっていきました。

最初のスタンダード(犬種標準)が定められたのは1984年で、FCI(国際畜犬連盟)にも1995年にようやく公認された犬種でもあります。

カオ・フィラ・デ・サン・ミヘルは非常に珍しい犬種です。FCI主催のドッグショーの国際大会でも数等しか出場しないなど、なかなか目にする機会がありません。仔犬はめったに外国に輸出される事が無いため、ほとんどはアゾレス諸島内で飼われています。

モロシアンタイプですが皮膚のたるみはなく、マズルも太く長いです。脚も長くて全身の筋肉がよく発達しています。垂れ耳ですが、丸い形の立ち耳になるように断耳されます。この断耳は他の犬種では例がありません。ふさふさした垂れ尾ですが、短く断尾されることもあります。

被毛はスムースコートですが、臀部と尾には飾り毛があります。毛色はブリンドル、フォーン、グレーです。

性格は知的で冷静、忠実で物覚えが良いです。

とても知性的な犬種で、トレーニングの飲み込みが早く、どんどん吸収していきます。トレーニングが不十分だと、攻撃的な面が出てしまうことがあるので、初心者には不向きです。

殺処分ゼロを考えて!!