人気の記事

ダックスフンド

この記事は約3分37秒で読めます

ダックスフンド
=============
=============

どんなワンちゃん?
ダックスフント(Dachshund)は、ドイツ原産の犬種です。犬種名はドイツ語で、アナグマを表すダックス(Dachs)と、犬を表すフント(Hund)を合わせたものです。この犬種が主にアナグマ猟に用いられたことに由来しています。

このワンちゃんの歴史は??
ダックスフントのルーツを示すものとして最も古いものは古代エジプトの壁画です。そこには、ダックスフントと酷似する犬種が描かれています。

スイスのジュラ山岳地方のジュラ・ハウンドが祖先犬と言われ、12世紀頃、ドイツやオーストリアの山岳地帯にいた中型ピンシェルとの交雑によって今日のスムーズヘアード種の基礎犬が作られたと伝えられています。

現在のダックスフンドには、スムーズヘアード、ワイヤーヘアード、ロングヘアードの3つの被毛タイプがあります。スムーズヘアードの基礎犬種にシュナウザー、更にテリア犬種を交配し、ワイヤーヘアード種が誕生しました。またロングヘアード種は15世紀頃、スパニエル犬種との交配によって作出されました。

また、現在のダックスフンドにはスタンダード、ミニチュア、カニーンヘンの3つのサイズ分類があります。ミニチュアとカニンヘン(兎という意味)は、19世紀頃、スタンダードが入ることのできない小さな穴に入って、アナグマのみならず、ネズミや穴ウサギ、テンを猟るために改良されて誕生したようです。

それぞれのタイプのダックスフンドは、それぞれの地域の地形や天候などを考慮に入れて、その土地の猟に適合した特徴を持たせて繁殖されました。どのダックスフンドもタフで頑強な上、アナグマやキツネや小型の哺乳動物をすばやくしとめる能力に長けていました。地中の巣穴の中にまで獲物を追って入っていき、獲物を外に連れ出して息の根を止めるという狩りをこなしていました。

1910年には、ダックスフンドに関する品種改良のための厳しい基準が設けられ、スムースヘアード種はミニチュアピンシャーと、ロングヘアード種はパピヨンと、そしてワイヤーヘアード種はミニチュアシュナイザーと、というようにそれぞれのタイプを他の犬種と交配させることになりました。

現在、世界中で人気のある犬種となっており、日本でもペットとして非常に人気があります。一時的なブームの後も、多くの頭数が登録されています。

このワンちゃんの特徴は??
ダックスフンドは、獲物を追って地中の穴の中に潜り込み、その中を移動できるように、胴長短足の体型に作られました。そして獲物を追うための鋭い嗅覚、捕えるためのアゴの強さも兼ね備えています。大きな吠え声も狩りに大変役に立っていました。

また機敏な動きと並外れた耐久力を持ち合わせており、エネルギーに満ち溢れた犬種です。

被毛は3つのタイプに分けられています。スムースヘアードタイプはつやのある短毛です。ロングヘアードタイプは滑らかな長毛で、少しウェーブがかかっていることもあり、スムースタイプよりもさらに体を保護する機能が高くなっています。ワイヤーヘアードタイプは、ピンと張った太く硬い毛で覆われ、密集した下毛が体を十分に保護する役目を果たしています。

落ち着きがあり、普段は神経質であったり攻撃的であったりということはありません。情熱的で辛抱強い犬種です。ただ猟犬種であるため、時として攻撃的で負けず嫌いな性格を見せることもあります。

*****サイズについて*****

ダックスフントのサイズは、スタンダード・ミニチュア・カニーンヘンの3つに分かれています。各国の協会で分類の基準が設けられていますが、ここではJKC(ジャパンケネルクラブ)の定める基準を紹介します。

[スタンダード]:体重9~12kg
[ミニチュア]:生後15ヶ月を経過した時点で測定し、体重5.0kg以下、胸囲35cmが理想 
[カニーンヘン]:生後15ヶ月を経過した時点で測定し、胸囲30cm以下、体重3.2~3.5kgが理想

飼育方法は??
順応力があるので、都市の生活や共同住宅での生活にもすぐに慣れることができます。とはいえ猟犬種なので、自然の中で穴を掘ったり、獲物や匂いを追いかけたりして地中に潜ったりすることを好みます。

小さな子供がいる家族ともうまく暮らしていけますが、見知らぬ人に対しては神経質になることが多く、初めて出会った子供に突然攻撃的になることがあります。ときには吠えてしまう犬もいます。

温暖な気候の地域であれば、屋外で暮らすこともできますが、寝る場所は室内に用意してあげるのが理想的です。

スムースタイプには最低限のグルーミングをしてあげましょう。ロングタイプには、週に1~2回のブラッシングまたはコーミングをしてあげ、必要に応じてトリミングをしましょう。ワイヤータイプは、週に1回程度ブラッシングかコーミングをし、必要に応じてトリミングするとよいでしょう。年に2回はストリッピング(手で毛を抜くこと)が必要です。

ダックスフンドは活発な犬種なので、散歩をしたり、広場で遊んだりして運動させてあげましょう。

胴体が長く、腰や股関節等への負担が大きいため、ヘルニアを代表とする関節疾患にかかりやすくなっています。ジャンプ、高所や階段の昇降、滑りやすい床や路面の走行、肥満、抱え方等には注意が必要です。肥満を防止することは大切ですが、素人による安易な餌の制限はやめましょう。栄養失調を起こすケースが問題となっています。

脚が短いことから、地面と腹部が近いため、腹部を傷つけてしまうことがあります。また地面が熱い時は熱中症になりやすいです。垂れ耳であることから、蒸れやすく、ダニの寄生や細菌による外耳炎になりやすいです。

=============
このワンちゃんの基本情報は??
名前 ダックスフンド Dachshund
キャッチコピー 胴長で短足な人気者!
原産国 ドイツ
小型犬~中型犬
体高 20~23cm
体重 (特徴)参照
被毛&毛色 被毛は3つのタイプに分けられています。 [スムースヘアードタイプ]:つやのある短毛。 [ロングヘアードタイプ]:滑らかな長毛で、少しウェーブがかかっていることも。 [ワイヤーヘアードタイプ]:ピンと張った太く硬い毛で覆われ、下毛が密集。
性格 情熱的で辛抱強い性格の持ち主です。
かかりやすい病気 関節疾患 / 熱中症 / 外耳炎
運動量 やや少ない(量の目安:速足で10分×1日2回)。
お手入れ [スムース]:最低限でよい。 [ロング]:週に1~2回のブラッシングまたはコーミング。必要に応じトリミング。 [ワイヤー]:週に1回程度ブラッシングかコーミング。必要に応じてトリミング。年に2回はストリッピング(手で毛を抜くこと)。 どの被毛タイプも、耳を清潔に保つよう心掛けましょう。
=============

このワンちゃんの動画だよ♪

Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

=============

関連記事

  1. スコティッシュ・ディアハウンド
  2. スタッフォードシャー・ブル・テリア
  3. ジャーマン・ショートヘアード・ポインター
  4. カオ・デ・フィラ・デ・サン・ミヘル
  5. シルケン・ウインドハウンド
  6. 動物たちのおもしろ?!動画

広 告



Translate this web site

広 告

このサイトについて

ようこそ!!「Dog-ZooCan.Com」へ。『犬と楽しく暮らす』を大切にこのホームぺジを作っています。
まだまだ、未熟ですがよろしくお願いします。


広 告

広 告



フェイスブック

カテゴリー

お気に入りの動画♪

※※※再生ボタンをクリックすると再生と 同時に音が流れますのでご注意下さい※※※
殺処分ゼロ わたしたちと同じ命あるもの 殺さないでください。。。.wmv
 
「かわいい犬」初めて人間の赤ちゃんに会った犬の反応が超面白い
 
最高におもしろ犬と赤ちゃん 謎の会話動画特集・どっちも可愛すぎる
 
Artistic Irish Terrier Pups | Too Cute!

広 告

広 告