スモール・ガスコーニュ・ハウンド

=============
=============

どんなワンちゃん?
スモール・ガスコーニュ・ハウンド(Small Gascony Hound)は、フランス原産のセントハウンド犬種です。「プティ・ブルー・ド・ガスコーニュ(Petit Blue de Gascogne)」と呼ばれることもあります。

このワンちゃんの歴史は??
スモール・ガスコーニュ・ハウンドは1500年代に誕生した古い犬種です。オオカミを狩っていたグラン・ブルー・ド・ガスコーニュ(Grand Blue de Gascogne)を小型獣猟用に改良してできたのがスモール・ガスコーニュ・ハウンドです。体の小さいグラン・ブルー・ド・ガスコーニュを選択的に繁殖して小型化し、扱いやすい性格に改良しました。

主にノウサギやキツネを狩ることに用いられ、パック(複数)で獲物の臭いを追跡し、発見すると自ら仕留めました。

今日も多くが実用犬として用いられていますが、ペットやショードッグとしても注目を集めています。しかし、フランス国外ではほとんど見られない犬種です。

このワンちゃんの特徴は??
スモール・ガスコーニュ・ハウンドは筋肉質で引き締まり、コンパクトな体を持っています。脚は長く、速く走ることができます。グラン・ブルー・ド・ガスコーニュと比べて、力の面では敵いませんが、小回りの効く走りで獲物を仕留めることができます。耳は長めの垂れ耳で、尾は飾り毛のない垂れ尾です。

被毛は滑らかなスムースコートで、毛色はブルー・ローン(青かす毛)をベースとしてブラックの斑とマーキング、そして目の上やマズル、胸部、足先などにタンのマーキングが入ったものがあります。

性格は明るく友好的で、人懐こいです。

飼育方法は??
スモール・ガスコーニュ・ハウンドは明るく、ユーモラスな性格で、誰にでも好意的に接します。飼い主家族にはもちろんですが、訪問者にすら歓迎の意を表します。見知らぬ犬とも仲良く接することができ、番犬には向いていないといわれています。しかし、猟犬の能力から、低く通る大きな声を出します。これは一般家庭で飼育する際には周辺住民に迷惑をかける場合があり、無駄吠えをしないように、しっかりとトレーニングをする必要があります。

しつけの飲み込みと状況判断力はよく、ペットとして飼育するのにも向いた犬種です。

活発でスタミナが多く、運動量は多いです。毎日1時間程度の長い散歩に連れて行く必要があります。

=============
このワンちゃんの基本情報は??
名前 スモール・ガスコーニュ・ハウンド Small Gascony Hound
キャッチコピー 番犬にはなれないほど、人なつこい
原産国 フランス
中型犬~大型犬
体高 50~60cm
体重 18~22kg
被毛&毛色 被毛は滑らかなスムースコートで、毛色は「ブルー・ローン(青かす毛)」をベースとして「ブラック」の斑とマーキング、そして目の上やマズル、胸部、足先などに「タン」のマーキングが入ったものがあります。
性格
かかりやすい病気 耳疾患 / 関節疾患
運動量 やや多い(量の目安:速足で60分×1日2回)。
お手入れ 耳の中をいつも清潔に保ちましょう。
=============

このワンちゃんの動画だよ♪
[smartslider3 slider=170]

=============

Posted by Dog-ZooCan.Com