人気の記事

スムース・フォックス・テリア

この記事は約3分3秒で読めます

スムース・フォックス・テリア
=============
=============

どんなワンちゃん?
スムース・フォックス・テリア(Smooth Fox Terrier)は、イギリス原産のテリア犬種です。

このワンちゃんの歴史は??
スムース・フォックス・テリアは17世紀ごろ、キツネ狩りが盛んになった時代に誕生した犬種です。主にキツネ狩りに使われ、イングリッシュ・フォックスハウンド(English Foxhound)とコンビを組み、穴の中に隠れているキツネを外に追い出す役割を果たしていました。イギリスではキツネを追う犬を総称してフォックス・テリアと呼んでいた時期があり、各地の特有のフォックス・テリアが存在していたようです。

もともとフォックス・テリアは毛色が赤狐色であったため、獲物のアガギツネと見間違われることがありました。パートナーの猟犬に間違って攻撃されたり、主人にキツネと間違えられて誤射殺されてしまうという事故が相次いで起こったため、毛色のメインカラーをホワイトにする改良が施されました。これにより、視界の悪い場所でも見間違うことがなくなり、白い毛色のタイプが人気となりました。

そして容姿を整えるために、オールド・イングリッシュ・テリア(Old White English Terrier)、イングリッシュ・グレーハウンド(English Greyhound)、ビーグル(Beagle)、ブル・テリア(Bull Terrier)、マンチェスターテリア(Manchester Terrier)の祖先にあたるスムースコーテッド・ブラック・アンドタン・テリアなどを交配させたといわれています。

1790年に描かれた絵画の中に、被毛がホワイトのスムース・フォックス・テリアを見つける事ができ、1800年には、すでに人々の注目を集めていたようです。ドッグショーの舞台に最初に登場した犬種のひとつです。

当初この犬種は、穴に潜むキツネを追い出すための鋭い嗅覚や優れた視力、体力が賞賛されテリア・グループではなくスポーティング・グループに分類されていました。

この頃までは、ワイアーヘアード・フォックス・テリアと同一犬種とされており、交配も行われていましたが、2犬種を区別するようになり、1900年代にはワイア種とスムース種の交配が禁止されました。

現在もイギリスだけでなく多くの国で大半が実用犬として飼育されています。ペット・ショードッグとしてはワイア種のほうが圧倒的な人気があります。日本でも飼育されていますが、国内ではほとんど繁殖されていません。

このワンちゃんの特徴は??
スムース・フォックス・テリアは運動能力は抜群です。横から見るとほぼ正方形に近い形の胴体になっており、脚がやや長めで、筋肉質で引き締まった体つきをしています。頭部の形は楔形で、マズルが長めです。耳はボタン耳で、尾は垂れ尾です。尾は半分から4分の1の長さに断尾されることがあります。

被毛は硬めのスムースコートで、短く細い下毛の上に、上毛が平たく密生しています。毛色はホワイトをベースとしてタン、ブラックのマーキングが入ったハウンドカラーです。

性格は知的で主人家族に対しては従順で愛情深いですが、狩猟本能が高く、いわゆる「テリア・キャラクター」というテリア犬種特有の気性の荒さや頑固さ、攻撃性も持ち合わせています。

飼育方法は??
スムース・フォックス・テリアは気性の荒さと運動量の多さからあまりペットには向いていない犬種ですが、スポーツドッグとしてアジリティなどに使われることも多く、猟師やテリア犬種の愛好家などに人気があります。

エネルギッシュで、遊びやいたずらが大好きです。また、独立心が旺盛で探求好きなところがあり、何かを夢中で追いかけたりします。

ただ、見知らぬ人には距離を置いて接する傾向があります。また、しばしば吠え癖を持っていたり、地面に穴を掘ったりする犬もいるようです。

活動的な犬なので、思う存分運動ができるよう、十分なスペースを確保してあげましょう。活発に動ける遊びや、長めの散歩、また足場のよい安全なところでリードなしで思いきり走らせるなど、いろいろな運動を取り入れるとよいでしょう。

暖かい地域であれば屋外でも過ごすこともできますが、基本的には室内で過ごし、時々庭に出て運動するといった生活が理想的です。

滑らかな被毛には、週1回以上はブラッシングをし、むだ毛を取り除いてあげてください。特に、スムースタイプは、ワイヤータイプよりも毛が抜けやすいので、定期的なむだ毛取りが必要です。また耳を形よくするために、子供の頃から耳の手入れを心がけます。

かかりやすい病気は関節疾患などです。

=============
このワンちゃんの基本情報は??
名前 スムース・フォックス・テリア Smooth Fox Terrier
キャッチコピー キツネを穴から引きずり出す?
原産国 イギリス
中型犬
体高 39cm前後
体重 7~8kg
被毛&毛色 被毛は硬めのスムースコートで、短く細い下毛の上に、上毛が平たく密生しています。毛色は「ホワイト」をベースとして「タン」、「ブラック」のマーキングが入った「ハウンドカラー」です。
性格 主人には従順で愛情深いが、狩猟本能が高く気性が荒い性格の持ち主です。
かかりやすい病気 関節疾患 / 皮膚疾患 / 二重睫毛 / 白内障
運動量 普通(量の目安:速足で30分×1日2回)。活発に動ける遊びや、長めの散歩、また足場のよい安全なところでリードなしで思いきり走らせるなど、いろいろな運動を取り入れるとよいでしょう。
お手入れ 週1回以上はブラッシングをし、むだ毛を取り除いてあげてください。特に、スムースタイプは、ワイヤータイプよりも毛が抜けやすいので、定期的なむだ毛取りが必要です。また耳を形よくするために、子供の頃から耳の手入れを心がけます。
=============

このワンちゃんの動画だよ♪

Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

=============

関連記事

  1. オールド・ダニッシュ・ポインティング・ドッグ
  2. セント・バーナード
  3. セルビアン・ハウンド
  4. 柴犬(しばいぬ、しばけん)
  5. チェコスロバキアン・ウルフドッグ
  6. ジャーマン・スパニエル

広 告



Translate this web site

広 告

このサイトについて

ようこそ!!「Dog-ZooCan.Com」へ。『犬と楽しく暮らす』を大切にこのホームぺジを作っています。
まだまだ、未熟ですがよろしくお願いします。


広 告

広 告



フェイスブック

カテゴリー

お気に入りの動画♪

※※※再生ボタンをクリックすると再生と 同時に音が流れますのでご注意下さい※※※
殺処分ゼロ わたしたちと同じ命あるもの 殺さないでください。。。.wmv
 
「かわいい犬」初めて人間の赤ちゃんに会った犬の反応が超面白い
 
最高におもしろ犬と赤ちゃん 謎の会話動画特集・どっちも可愛すぎる
 
Artistic Irish Terrier Pups | Too Cute!

広 告

広 告