スキッパーキ

動画

どんなワンちゃん?
スキッパーキ(Schipperke)は、ベルギー原産のスピッツ犬種です。犬種名はフランデレン地方の方言で「小さな羊飼い(牧用犬)」という意味の言葉に由来しています。

このワンちゃんの歴史は?
スキッパーキの生い立ちについては、いくつかの説が存在します。15~16世紀に作られたベルギーの書物の中に、スキッパーキについての記述があるため、少なくともその頃には存在していた犬種であるといえます。

かつてはブリュッセルと近郊都市を結ぶ運河を航行する貨物船を守る「運河荷船犬」として重宝されていました。船上でネズミなどの害獣駆除もしていました。運河荷船を多く所有していたレンゼンス氏はスキッパーキの父として知られています。

1690年ごろには、本種はブリュッセルの、とりわけサン・ゲリー地区の労働者や靴の修繕屋に人気のある犬でした。靴の職人たちは、職人としての技術を高く評価してもらおうと、自分たちで装飾を施した真鍮の首輪をこの犬に付けて、定期的なスキッパーキのショーを開催していました。

1885年、ベルギー王室のマリー・アンリエット王妃が、ブリュッセルのドッグ・ショーに出ていたスキッパーキを見つけました。王妃がすぐに手に入れたのがきっかけとなり、あらゆる階級の人々に人気な犬種となりました。1887年にはイギリスやアメリカにも紹介され、特にイギリスではスキッパーキを飼うことが流行しました。

1888年に設立されたベルギー最古のブリード・クラブによって、最初のスタンダードが作成されました。

現在も根強い人気を保ち、日本へは1970年頃から輸入されています。

このワンちゃんの特徴は?
スキッパーキは正方形に近い胴体を持ち、肩からお尻にかけてなだらかな曲線を描き、ちょっとずんぐりしたコンパクトな体型をしています。

生まれつき尾のない場合もありますが、尾がある場合は断尾をし、お尻を丸くするのが一般的です。イギリスでは近年は、動物愛護の観点から尾を残すようになっています。

被毛は二層構造のショートコートですが、首周りのひだ襟状になった長い毛がケープのような独特の外観をしており、お尻から後肢にかけても毛が長く特徴的です。毛色は黒の単色が多いですが、単色のクリーム色やチョコレート色も存在します。

優雅な足取りですばやく走れるスキッパーキは、番犬、特に家畜を荒らす害獣を駆除するために作られた犬種です。

このワンちゃんの飼育方法は?
愛情表現が豊かで、とても人懐こく優しいですが、独立心が旺盛で少々頑固な面がある犬種です。いつもそばにいて、少しでも飼い主の時間が空けば、一緒に遊ぼうと催促してきます。とにかく運動が好きで、いつまでも遊んでいるような犬種です。

見知らぬ人や、警戒心の強い他の犬とは距離を置いて接します。

害獣駆除犬としての性質上、割れ目という割れ目に鼻をつっこんで臭いをかいだりといった、さまざまな探検を好みます。

活発なスキッパーキには、毎日、欠かさずに運動をさせる必要があります。精神的な刺激と肉体的な刺激の両方を与えられる運動がよいでしょう。とはいえ、体が小さいので、運動量はそれほど必要ありません。庭で活発なゲームをして遊ばせたり、適度な散歩をする程度で十分です。外で1日中楽しく遊んでいられる犬種ですが、寝る時は室内に入れてあげた方がよいでしょう。

二層構造の被毛は、1週間に1回程度ブラッシングをして、1週間に2~3回はむだ毛取りをしてあげましょう。

このワンちゃんの基本情報は?
名前 スキッパーキ Schipperke
キャッチコピー 黒くて小さな体に、愛情がいっぱいつまってる
原産国 ベルギー
小型犬
体高 オス25~33cm メス22~30cm
体重 8.5~10.5kg
被毛&毛色 被毛は二層構造のショートコートですが、首周りのひだ襟状になった長い毛がケープのような独特の外観をしており、お尻から後肢にかけても毛が長く特徴的です。毛色は「黒」の単色が多いですが、単色の「クリーム色」や「チョコレート色」も存在します。
性格 人懐こく、優しい。そして、やや頑固な性格の持ち主です。
かかりやすい病気 皮膚病 / アレルギー / 股関節形成不全 / 眼疾患 / レッグ・カルベ・ペルテス病
運動量 普通(速足で30分×1日2回)。ゲームなど、精神的な刺激と肉体的な刺激の両方を与えられる運動がよいでしょう。
お手入れ 1週間に1回程度ブラッシングをして、1週間に2~3回はむだ毛取りをしてあげましょう。

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=156]

Posted by Dog-ZooCan.Com