スウェーディシュ・ラップフント

動画

どんなワンちゃん?
スウェーディシュ・ラップフント(Swedish Laphund)は、スウェーデン原産の犬種です。トナカイの護衛犬やそり引き犬として活躍しています。

このワンちゃんの歴史は?
スウェーディシュ・ラップフントは、7000年前に存在した犬の直系の子孫で、とても歴史の古い古代犬種です。世界のスピッツタイプの犬種の源流であり、古いタイプのサモエドの子孫であるとも見られています。ちなみに、北欧原産の犬種で本種と成り立ちの古さを争っている犬種は、ノルウェーの北極海諸島原産のノルウェイジアン・パフィン・ドッグ(Norwegian Puffin Dog)で、最期の氷河期からの生き残りであるともいわれています。しかし、それはあくまでパフィンドッグの先祖の犬種のことであり、パフィン・ドッグ自体はおよそ6000~5000年前に犬種として成立したのではないかと考えられています。それでも、スウェーディッシュ・ラップフント(Swedish Laphund)と肩を並べるほどの古い犬種であるとされています。

スカンジナビア半島北部のラップランドに住んでいるサミ族によって何千年も飼育されてきました。家畜のトナカイを移動させる牧鹿(ぼくろく)犬として走り回ったり、犬ぞりを引いて主人家族の足となったりして活躍していました。さらに、猟犬としてさまざまな獣を狩ったり、家やトナカイを泥棒から守る番犬としても働いています。また稀ではありますが、本種の毛皮を使ってコートの襟やフードを作ることもありました。万能な作業犬で性格も良いため、原産地でとても大切にされています。

スウェーデンケネルクラブには1944年に犬種として公認され、FCI(国際畜犬連盟)には1946年に公認犬種として登録されました。北欧以外にも名を知られるようになり、年々その数を増やしつつあります。近年はショードッグとしてだけでなくペットとしても飼育されるようになりました。

このワンちゃんの特徴は?
スウェーディシュ・ラップフントはスピッツタイプの犬種で、頭部の形は日本犬にやや似ています。小さめの立ち耳・ふさふさとした長い飾り毛を持つ巻き尾をもちます。

被毛はロングコートで密度が高く、二重構造で厚くなっています。このため、寒さにはかなり強く、極寒の地でも外で作業することができます。顔と足先のみ毛が短くなっています。毛色はジェット・ブラックです。

性格は穏やかですが、勇敢で警戒心が強いです。大型犬並みの体力を持ちます。

このワンちゃんの飼育方法は?
スウェーディシュ・ラップフントは活発な犬種なので、長めの散歩かジョギング、または十分な時間をとって遊ばせるなど、毎日かなりの運動量が必要です。また、荷物を引いたり、家畜の世話をしたりすることを好みます。

寒い気候の地域でも十分屋外で過ごさせることができますが、家族と一緒に室内で過ごさせる方がよいでしょう。温暖な地域での飼育には、温度管理に注意が必要です。

分厚い被毛には、1週間に2~3回はブラッシングをしてあげてください。また、毎日むだ毛を取り除いてあげることも大切です。

このワンちゃんの基本情報は?
名前 スウェーディッシュ・ラップフント
キャッチコピー 雪原に映えるジェット・ブラックの毛色
原産国 スウェーデン
中型犬
体高 オス45~50cm メス40~46cm
体重 19~21kg
被毛&毛色 被毛はロングコートで密度が高く、二重構造で厚くなっています。毛色は「ジェット・ブラック」です。
性格 穏やかですが、勇敢で警戒心が強い性格の持ち主です。
かかりやすい病気 ---
運動量 長めの散歩かジョギング、または十分な時間をとって遊ばせるなど、毎日かなりの運動量が必要です。
お手入れ 分厚い被毛には、1週間に2~3回はブラッシングをしてあげてください。また、毎日むだ毛を取り除いてあげることも大切です。

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=154]

Posted by Dog-ZooCan.Com