スウェーディッシュ・エルクハウンド

動画

どんなワンちゃん?
スウェーディッシュ・エルクハウンド(Swedish Elkhound)は、スウェーデン原産の犬種です。イェムトランド地方原産であるため、「イェムトフント(Jamthunt)」と呼ばれることもあり、スウェーデンの国犬に指定されています。

北欧には数種類のエルクハウンドがいますが、その中でサイズが最も大きいのがスウェーディッシュ・エルクハウンドです。

このワンちゃんの歴史は?
スウェーディッシュ・エルクハウンドは立証はされていませんが、一万年前から存在していたのではないかと言う仮説も立てられているほどの超古代犬種です。少なくともノルウェイジアン・エルクハウンド・グレイとは兄弟関係があります。

その名の通り、シカの一種であるエルクを狩るのに用いられていました。主人とペアになってエルクの臭いを追跡し、発見すると自ら飛び掛って噛み留めを行います。そのまま仕留めることも容易にできますが、主人に仕留めてもらいます。

またエルク狩りのほか、そり引き犬として主人を運搬したり、番犬として不審者の到来を主人に知らせるという役割も果たしていました。

1946年までは、ノルウェジアン・エルクハウンド・グレイと同犬種と認識されていました。愛好家が両種の違いを訴え、調査の結果、完全に別の犬種であることが公式に承認されました。

現在も多くの犬はスウェーデン国内で飼育されていて、猟犬としてだけでなくペットやショードッグとしても高い人気を誇ります。また、国を代表する国民的な犬種として、スウェーデンの国犬として正式に公認されています。

ヨーロッパでは知名度が高いですが、ヨーロッパ以外ではあまり知られていないのが現状です。

このワンちゃんの特徴は?
スウェーディッシュ・エルクハウンドは、ノルウェジアン・エルクハウンド・グレイと比べると脚が長く、体高が高いです。日本犬のようなスピッツタイプの犬種で、筋肉質の引き締まった体つきをしています。脚は長めで、マズルは太くしっかりしています。首は太くがっしりとしていて、力は強いです。耳は立ち耳、尾は巻き尾ですが、尾は短めに断尾してしまう場合もあります。

被毛は厚いショートコートで、ノルウェイジアンには及びませんが二重構造で防寒性が非常に高くなっています。毛色はブラック、グレー、ウルフグレーなどをベースとして、それに体の特定部にタンやクリームのマーキングが入ったものがあります。

性格は主人家族に友好的で優しく従順ですが、勇敢で警戒心が強いです。状況判断力が高く、自分のおかれた状況を瞬時に理解することができます。

このワンちゃんの飼育方法は?
この犬種は、古くから人々と共に生活していたために、飼い主家族に対しては友好的で、子どもにも優しく接してくれます。また、警戒心が強く、見知らぬ人に簡単には近寄っていきません。

元が猟犬であるため運動量は非常に多いです。走ることが好きなので、広い場所での自由運動は欠かせません。都会の狭い住環境での飼育は不向きです。

かかりやすい病気は大型犬にありがちな股関節形成不全、運動のし過ぎなどで起こる関節疾患、高温多湿の環境で飼育した際におこりやすい皮膚病などがある。

このワンちゃんの基本情報は?
名前 スウェーディッシュ・エルクハウンド Swedish Elkhound
キャッチコピー 脚の長い、超古代犬
原産国 スウェーデン
大型犬
体高 58~64cm
体重 29.5~30.5kg
被毛&毛色 被毛は厚いショートコート。二重構造で防寒性が非常に高くなっています。毛色は「ブラック」、「グレー」、「ウルフグレー」などをベースとして、それに体の特定部に「タン」や「クリーム」のマーキングが入ったものがあります。
性格 主人家族に友好的で優しく従順な性格の持ち主です。また勇敢で警戒心が強い面もあります。
かかりやすい病気 皮膚疾患 / 関節疾患
運動量 非常に多い。広い場所での自由運動は欠かせません。
お手入れ 週に2回程度のブラッシングで十分ですが、換毛期には毎日ブラッシングを行ってください。

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=153]

Posted by Dog-ZooCan.Com