シラー・シュトーヴァレ

動画

どんなワンちゃん?
シラー・シュトーヴァレ(Schliier Stovare)は、スウェーデン原産のセントハウンド犬種です。別名は「シラー・ハウンド(Schliier Hound)」です。犬種名は作出者の『ペール・シッラー(Per Schiller)』にちなんでつけられました。

このワンちゃんの歴史は?
シラー・シュトーヴァレは19世紀に作出された犬種で、ドイツ、スイス、オーストリアなどから輸入したセントハウンド犬種を数種類掛け合わせた結果、誕生しました。その他、イングリッシュ・フォックスハウンド系の犬も作出に関わったといわれています。

主にキタキツネや野ウサギを狩るのに用いられました。鋭い嗅覚で獲物を追跡・発見することが仕事ですが、獲物を仕留めることはせず、追い詰めて最終的には主人が猟銃で仕留めます。

原産国で初めてドッグショーに出場したのは1886年のことで、これをきっかけにスヴェーデン国内で本種が広く知られるようになりました。現在原産国では実猟犬としてだけでなくペットやショードッグとしてもよく飼育されていますが、原産国外ではほぼ無名の存在です。

このワンちゃんの特徴は?
シラー・シュトーヴァレの容姿は典型的なセントハウンドです。マズルと脚は長く、体は筋肉質でよく引き締まっています。耳は長めの垂れ耳で、尾は長く、飾り毛のない先細りの垂れ尾です。

被毛はスムースコートですが密度が高く、ある程度の寒さには耐えられます。毛色はタン・アンド・ブラックやハウンドカラーです。ハウンドカラーの犬は、全体的にはタン、サドル(背中)はブラック、腹部や足先などはホワイトのマーキングが入ります。

性格は従順で安定していて穏やかです。

このワンちゃんの飼育方法は?
シラー・シュトーヴァレは忍耐力があり、子供や他の犬とも仲良くすることができます。しつけの飲み込みや状況判断力も優れています。

運動量は非常に多く、都会での飼育は不向きです。もちろん沢山運動させることが出来れば都会でも飼育することは可能ですが、室内でも自由に動き回れるスペースを確保することと、1日2時間の運動を1~2回行うことが絶対条件です。

嗅覚がよく発達していて、もののにおいを追跡することが大好きなので、時にはおもちゃやおやつを隠して探させるといった遊びを行うとよいでしょう。

かかりやすい病気は運動のし過ぎにより起こる関節疾患などです。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=149]

Posted by Dog-ZooCan.Com