シュタバイフーン

動画

どんなワンちゃん?
シュタバイフーン(Stabyhoun)は、オランダ原産の犬種です。別名は「フリージアン・ポインター(Frisian Pointer)」で、現地では俗称で「ベイケ(Beike)」とも呼ばれています。

このワンちゃんの歴史は?
シュタバイフーンは同じオランダ原産のヴェッターフーンと同様に、アムステルダムの北東のフリースランド州で誕生しました。16世紀80年戦争が行われていたころにスペインからもたらされたスパニエル系の犬種と、地元の土着犬を掛け合わせて作出されました。

主に貧しい農民によって飼育され、猟から雑務まで一頭で様々な働きをしていました。

鳥猟犬としてカモやハトを狩るための様々な手伝いをします。嗅覚により獲物を捜索し、発見するとポインターとしてポイントを行い、主人に知らせます。その後主人の命令によりフラッシング(追い出し)を行い、茂みから鳥を飛び立たせます。飛び立った鳥は主人が猟銃で撃ち落し、落ちてきた鳥を回収(レトリーヴ)することもできます。

鳥だけでなくネズミやケナガイタチ、モグラを狩ることもできます。セントハント(嗅覚猟)を行って獲物を仕留めます。地中に逃げ込んだ獲物を捕らえることもしばしばあるため、この狩猟形態はセントハントでなくテリアと同じ地中猟であるとみなす専門家も多いです。ネズミは発見次第すばやく仕留め、一撃で倒すことができます。ケナガイタチは嗅覚で追跡し、発見すると追いかけて仕留めます。イタチが穴にもぐりこんだ場合、入り口で吠えるなどして挑発し、穴から追い出して仕留めることもあります。モグラもやはり嗅覚で捜索されるが、発見するとそれがいる場所に穴を掘り、出てきたところを仕留めます。

さらに、農地では番犬として見張りを行う他、主人の道具の運搬や、家禽を泥棒などから守る護禽犬、荷車を引く荷引き犬などとしても使われていました。

器用なため現在でもオランダでは人気のある犬種のひとつで、実用犬としてだけでなく、ペットやショードッグ、スポーツ犬などとしても多く飼育されて親しまれています。しかし、オランダ国外ではあまり飼育されておらず、やや珍しい犬種といえます。

なお、同国原産のヴェッターフーンと同じく、オランダ国内では厳しいブリーディングプログラムが立てられているため、遺伝的にかかりやすい病気が少ないです。このことから、ヨーロッパの珍犬種ブリーダーに注目され、数頭が国外へ輸出されています。ちなみに、スタンダード外と判定された犬の大半は避妊・去勢された上でペットなどとして譲渡されています。

このワンちゃんの特徴は?
シュタバイフーンはスパニエル犬種とセッター/ポインター犬種の中間の容姿をした犬種です。

中肉中背の体格で首は太め、背は平らです。顔つきは優しく、耳は飾り毛のある垂れ耳、尾はふさふさした垂れ尾です。

被毛はなめらかで少しウエーブがかったロングコートで、少し厚みがあり寒さに強くなっています。毛色はホワイト・アンド・ブラックです。

性格は知的で優しく、愛情深いです。

このワンちゃんの飼育方法は?
シュタバイフーンは 飼い主に対してとても忠実で穏やかです。子供好きな一面があり、子どもたちとも仲良く過ごす事ができます。人間や犬の赤ちゃんの世話をすることも大好きです。

社会協調性や状況判断力がよく、いざという時には頼りになる犬です。献身的で仕事熱心で、主人家族に喜んでもらうためにはいかなる努力も惜しみません。

運動量は普通で、病気にもかかりにくく、初心者にも飼い易い犬種です。

最近ではスポーツドッグとしても有名になってきており、アジリティーにも喜んで参加します。

しかし、せまい都会の集合住宅で飼育するのは不向きです。トレーニングなどはそれほど難しくありませんが、自由に走り回れる広いスペースがあるとよいでしょう。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=148]

Posted by Dog-ZooCan.Com