ジャック・ラッセル・テリア

動画

どんなワンちゃん?
ジャック・ラッセル・テリア(Jack Russell Terrier)は、イギリス原産の小型のテリア犬種です。

このワンちゃんの歴史は?
ジャック・ラッセル・テリアは1800年代イギリス・デヴォンに住んでいたジョン・ラッセル牧師が作り上げた「トランプ」という犬が、ジャック・ラッセル・テリアの祖先にあたるといわれています。牧師はキツネ狩りで、馬に付いて走ることができ、さらにキツネの巣穴に突進して、キツネを巣穴から追い出すことができるテリア種を作ろうとしていました。スムース・フォックス・テリア(Smooth Fox Terrier)を基礎にボーダー・テリア(Border Terrier)などが交配されました。

ジョン・ラッセル牧師はジャック・ラッセル・テリアを、キツネ狩り以外の場所に出すことを拒み続けました。ジャック・ラッセル・テリアの愛好家たちは、牧師に習い、ショーの場ではなく、狩りをするフィールドで犬たちのすばらしい気質や能力を証明しようとしました。今では、一部、ショーに参加するジャック・ラッセル・テリアも出てきていますが、フィールドで能力を証明するという、この伝統は受け継がれています。

イギリスでは1991年に、パーソン・ジャック・ラッセル・テリアとしてコンフォメーションクラスに認定され、馬主たちに大変人気がありました。馬主たちのお供として、厩舎などでこの犬の姿を見かけることができました。

オーストラリアに渡り、飼いやすくするためにウェルシュ・コーギー・ペンブローク(Welsh Corgi Pembroke)と交配し、短脚で胴長のやや温厚なタイプも登場しました。日本で一般的によく見かけるジャック・ラッセル・テリアは、このタイプが多く、イギリスで「パーソン・ジャック・テリア」という名前が付けられたのも、この短足胴長タイプを伝統的なジャック・ラッセル・テリアと区別するためでした。

1990年代になると、ジャック・ラッセル・テリアは、映画やテレビなどのメディアに登場して人気が急上昇しました。この人気によって頭数は激増し、一時は正常な繁殖ペースが保てなくなるのではないかと心配されるほどでした。

このワンちゃんの特徴は?
ジャック・ラッセル・テリアはイギリスを原産としますが、アメリカやオーストラリアで繁殖されるなかで体形などが変化し、様々なタイプのジャック・ラッセル・テリアがいます。

被毛は、スムース、ブロークン、ラフの3タイプがあります。毛色はブラック&ホワイト、タン&ホワイト、ブラック&タン&ホワイト(トライカラー)です。犬の毛色で言うタンは黄褐色のことだが、明るいレモン色から濃いブラウンまでさまざまです。

テリアらしく好奇心旺盛、しかし非常に繊細で気性が荒いです。

このワンちゃんの飼育方法は?
ジャック・ラッセル・テリアはかわいらしい外見をしていますが、非常に気が短くてわんぱくなので、残念ながら、誰にでもすすめられるという犬種ではありません。

温暖な地域では屋外で飼うことも可能ですが、室内と庭の間を自由に行き来できるようにするのが一番でしょう。庭や広いスペースのないアパートなどでは飼いにくい犬だといえます。

十分な運動と、きちんとトレーニングとしつけをすることで、とてもすばらしい家庭犬になります。しかし我慢強い犬ではないため、子供や小動物との接触は咬傷事故が起きないよう特に注意が必要です。自由にどこでも探検したがりますが、その場所が安全かどうかを確認してから、歩き回らせるようにしてください。気をつけていないと、勝手に穴に入り込んでしまい、掘り出してやらなくてはならない、などということもありえます。小動物やボールなど動くものには非常に敏感に反応し、それが自動車やバイクまで及ぶこともあるので、事故防止のために幼い頃からのどんなときでも制止または注目させられる訓練が必要です。

ブロークンとラフの被毛は、オーバーコートが抜けることがあまりないため、プラッキングという、指またはトリミングナイフで死毛を抜いて新陳代謝を促す作業を要します。バリカンやはさみで行うか、まったく抜いていないと、被毛はやがてしなやかさを失い柔らかい印象になってしまいます。しかし幼い頃からプラッキングに慣らしていないと、痛みで犬のストレスになるばかりなので、注意して行いましょう。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=147]

Posted by Dog-ZooCan.Com