ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター

動画

どんなワンちゃん?
ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインター(German Wire-haired Pointer)は、ドイツ原産のポインター犬種です。

このワンちゃんの歴史は?
ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターは狩猟が広まると、ドイツの狩猟家、繁殖家は猟犬に対しきわめて多くの性能を要求し始めました。本種のもととなるワイアーヘアのポインター犬種はドイツ国内に古くから数種類存在していました。これらやショートヘアードポインター、プードル(Poodle)、フォックスハウンドなど優れた猟性能を持つ多くの犬種をもとに、狩猟本能の高いワイアーヘアのポインター犬種を作るという目的で、19世紀の中期に誕生したのが本種です。本来、獲物を捜索することを得意とする犬種に、全天候下での完全な回収能力をも求めたのです。

複数の犬種の特性がミックスされた結果、ねばり強い性格、追跡、ポイント、水陸選ばぬ巧妙なリトリーブなど、多くの猟芸が可能な多用途猟犬となりました。また特徴的な被毛により、悪天候と茨に強い猟犬として仕上がりました。

ワイアーヘアはあらゆる動物の追跡、ポイント、自己狩猟(仕留め)、回収をこなすため、犬の主人は発見した動物を狩るか否かの指示を出すだけで済みます。しかし、あまりにも本種が多くの仕事を行なうため猟師が暇になってしまい、猟に本来使うべきレトリーバー犬種や猟銃の需要が減ってしまうのではないかということが問題視され、ドイツ国内ではあまり人気が出ずに絶滅の危機にさらされてしまいました。

ナチスの台頭によりドイツからアメリカ合衆国へ移住していった人々により、アメリカで評価されることになります。能力の高さから人気を得たことで、現地でブリーディングが順調に進み、絶滅の危機を脱することができました。そして、原産地のドイツやヨーロッパ諸国へ輸出が行なわれるまでにその頭数は回復しました。

現在も珍しい犬種の一つで、大半は実猟犬かショードッグとして飼育されています。ペットとして飼われているものは稀です。日本でも、数頭が飼育されています。

このワンちゃんの特徴は?
ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターは筋肉質の引き締まった体つきで、マズル・脚・胴・尾が長いです。目は小さめですが、眼光は鋭くありません。耳は垂れ耳、尾は先細りの飾り毛の無いサーベル形の垂れ尾ですが、元の長さの40%を残して断尾されるのが普通です。家庭犬として飼育される例では断尾されないこともあります。

ジャーマン・ワイヤーヘアードポインターの際立った特徴はその被毛です。

直毛で粗いワイヤーコートは、防寒性こそ突出して高いというわけではありませんが、過酷な環境の中でも外傷を受けることなく作業が可能で、耐水性に富んでいます。眉付近の厚い硬毛は薮から目を守り、口や顎の髭は茂みをくぐり抜ける時に顔面を保護します。上毛は、約2.5~5cmほどの長さがあり、密生した下毛は冬期の保温に役立ち、夏期には抜け落ちます。

毛色はレバーの単色かレバー・アンド・ホワイト、若しくはレバーローンを地色として、レバーの斑が入ったものの3パターンがあります。

性格は従順で明るく、勇敢で狩猟本能が高いです。

このワンちゃんの飼育方法は?
ジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターは熱意があり、しつけもよく飲み込みますが、小型獣を見ると狩猟本能の引き鉄をひかれるので注意が必要です。小型のペットがいる場合は近づけない方がよいでしょう。

水泳が得意で、運動量は非常に多いです。

被毛の手入れは比較的簡単です。

かかりやすい病気は股関節形成不全や運動のし過ぎによって起こる関節疾患、コートが目に入って起こる眼疾患などがあります。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=145]

Posted by Dog-ZooCan.Com