ジャーマン・ラフヘアード・ポインター

動画

どんなワンちゃん?
ジャーマン・ラフヘアード・ポインター(German Rough-haired Pointing Dog)は、ドイツ原産のポインター犬種です。「ジャーマン・ブロークンヘアード・ポインター(German Broken-haired Pointer)」とも呼ばれています。

このワンちゃんの歴史は?
ジャーマン・ラフヘアード・ポインターはドイツ原産のポインター犬種の中では最も古い犬種で、1539年には既に犬種として存在していたことを記す文献が残っています。

グリフォン種(剛毛の猟犬種)やオールド・ジャーマン・シェパード・ドッグなどを交配させて作出されました。19世紀の中ごろにはジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターの作出に際し、そのベースとして用いられました。

他のジャーマン・ポインター種と同じく、獲物のにおいを追跡してポイントを行い、それをもとに主人が撃ち倒したら、撃たれた獲物を回収して持ってくるのが本種の仕事です。

昔がたきの犬種であったため、次々と誕生した他のジャーマン・ポインター犬種に人気を奪われて希少化してしまいました。

FCI(国際畜犬連盟)には公認犬種として登録されていますが、いまだにその頭数は非常に少なく、絶滅が危惧されています。ほぼ全ての個体がドイツ国内で飼育されていて、ドッグショーでも中々見ることが出来ない珍しい犬種です。

このワンちゃんの特徴は?
ジャーマン・ラフヘアード・ポインターは筋肉質のややがっしりとした体格で、目は小さめです。耳は垂れ耳で、尾は先細りの飾り毛の無い垂れ尾ですが、半分の長さに断尾されることもあります。

その姿はジャーマン・ワイアーヘアード・ポインターによく似ていますが、多くの異なる特徴を持っているため、別の犬種であるといえます。

まず、頭部の幅はワイアーヘアードよりも広く、頭のサイズも大きめです。首は太く、胴は長めで、脚はやや短いです。体高も高く、性格も異なっています。

被毛は硬くとげとげした短いワイアーコートで、顎鬚・口髭や眉毛、胸部の毛は他の部分よりも長くなっています。毛色はレバーの単色、レバー・アンド・ホワイトやレバーローンの地のレバーの斑が入ったものの他、チョコ単色、チョコ・アンド・ホワイトやチョコローンの地のチョコの斑が入ったものなどもあります。

性格は穏やかで冷静ですが、猟の際には勇猛果敢になります。硬いコートが雨や茨から身を守り、また泳ぐことも得意であるため、どのような場所でもポイントやレトリーブを行なうことができます。

このワンちゃんの飼育方法は?
ジャーマン・ラフヘアード・ポインターはしつけの飲み込みや状況判断力は普通です。子供と仲良くでき、他の犬とも問題なく接することができます。ペットとして飼育できる犬種ですが、運動量は非常に多いです。 

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=143]

Posted by Dog-ZooCan.Com