ジャーマン・ピンシャー

動画

どんなワンちゃん?
ジャーマン・ピンシャー(German Pincher)は、ドイツ原産の犬種です。別名は「スタンダード・ピンシャー(Standard Pincher)」、「レー・ピンシャー(Reh Pincher)」などです。ドイツ語読みで「ジャーマン・ピンシェル」と呼ばれることもあります。

ドーベルマン・ピンシャー、ミニチュア・ピンシャー、その他ピンシャータイプの多くの犬種の作出に大きく貢献した犬種として 知られています。

このワンちゃんの歴史は?
ジャーマン・ピンシャーは日本での知名度は高くありませんが、1879年にはドイツのケネルクラブに公認されている、相当に起源の古い犬種です。

ジャーマン・ピンシャーは、スタンダード・シュナウザーと同じ祖先を持ちます。オールド・ピンシャーという共通の先祖犬種からスムースヘアード・ピンシャーという犬種が作出され、ジャーマン・ピンシャーに改良されました。

オールド・ピンシャーは、ブラック・アンドタン・テリアを基礎犬とするテリア犬種の血統上の犬種です。ドイツでは、ピンシャーはテリア種を意味する語になっており、ジャーマン・ピンシャーも害獣駆除犬として活躍してきました。

また、ミニチュア・ピンシャーとドーベルマンの先祖にもなった犬種です。

ジャーマン・ピンシャーは第二次世界大戦が起こった際に戦禍を大きく被り、頭数が激減しほぼ絶滅の状態に陥りました。しかし、1958年になると西ドイツで再生プロジェクトが発足し、4頭のオーバーサイズのミニチュア・ピンシャーと、愛好家が東ドイツから命がけで密輸した1頭の純血のジャーマン・ピンシャーの計5頭を基礎として交配させることで犬種として復活することができました。現在のジャーマン・ピンシャーは全てこの5頭の血筋です。

現在ジャーマン・ピンシャーは目立った人気が出ることも、逆に見放されることも無く、安定した人気を保っています。頭数は世界的には少ないですが、ドイツ以外でも使役犬やショードッグ、ペットとして飼育されています。日本でもほぼ毎年国内登録が行われています。

このワンちゃんの特徴は?
ジャーマン・ピンシャーのサイズはドーベルマン・ピンシャーとミニチュア・ピンシャーの中間で、無駄の無い筋肉質で引き締まった体つきをしています。サイトハウンドほどではありませんが、マズル・首・脚・尾が長くなっています。害獣駆除犬として活躍してきた犬種であるため、アゴの力は強靭です。仔犬の頃はよく甘噛みをしますが、他の多くの犬種と同様に成犬になれば噛み癖も自然と直ります。

額には少ししわが寄っていて、耳は半垂れ耳、尾は飾り毛のない先細りの垂れ尾です。しかし、耳は断耳して立たせ、尾は短く断尾されることもあります。これはもともとショードッグとして外見を整えるためにでなく、ネズミなどに噛まれ、傷口から感染症にかかることを防ぐために行われていた処置の名残です。

被毛はつややかなスムースコートで、毛色はブラック・アンド・タン、イザベラ(栗毛)・アンド・タン、タンの単色などがあります。ドーベルマンと同じく、稀にブルー・アンド・タンやフォーン・アンド・タンの仔犬も生まれますが、あまり犬種基準としては好ましくないとされます。ただし、ペットや実用犬として飼う分には、全く問題ありません。

性格は陽気で従順、遊ぶことが大好きです。小型の動物に対する狩猟本能が高いです。また、テリトリー意識が強く、本能的に番犬としての資質を持ちます。

このワンちゃんの飼育方法は?
ジャーマン・ピンシャーは家族には優しく友好的です。それ以外の人や犬も、家族に対して友好的な態度をとる者であれば仲良く接することができます。ただし、シャギーコート(むく毛)の小型犬やネズミなど齧歯目(げっしもく)の動物を見ると狩猟本能の引き金を引かれるので、一緒にするべきではありません。

寒さにはあまり強くないので、寒い日や冬季の散歩の際には洋服を着せることが推薦されます。運動量は多めで、とても活発で、元気いっぱいです。引き運動や、ジョギングのお供が、ちょうどいいでしょう。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=142]

Posted by Dog-ZooCan.Com