ジャーマン・ハウンド

動画

どんなワンちゃん?
ジャーマン・ハウンド(German Hound)は、ドイツ原産のセントハウンド犬種です。ヨーロッパでは一般的に「ドイチェ・ブラッケ(Deutsche Bracke)」と呼ばれており、「ドイチェ・サウァーランド・ブラッケ(Deautsche Sauerland Bracke)」、「オルプ・ハウンド(Olp Hound)」という別名もあります。

このワンちゃんの歴史は?
ジャーマン・ハウンドは今もドイツに現存するウェストフェーリッシュ・ダックスブラッケ(Westfalische Dachsbracke)という犬種を改良して誕生したといわれています。

1896年に犬種クラブが設立され、スタンダードの統一が開始されました。1900年に犬種名が統一され、スタンダードが完成しました。1955年にはFCI(国際畜犬連盟)に公認登録されました。

ジャーマン・ハウンドは主にノウサギ、シカ、キツネのセントハント(嗅覚猟)に用いられ、パックで獲物の臭いを追跡します。通常の獲物の臭いを追跡する他、半矢になってしまい(或いは故意に半矢にして)流血して逃走した獲物の臭いを追跡するのにも用いられます。通常の獲物を追跡する際には主人に自らの居場所を知らせるために時々吠えながら追跡を行いますが、流血した獲物を追跡する際には吠え声を出さずに静かに追跡を行います。流血した獲物を静かに追うのは、刺激して暴れさせることで肉の味が落ちるのを防ぐためと、これ以上獲物が苦しまないように負担を軽減させるという2つの理由によります。

この犬種は基本的に獲物の臭いを追跡することのみが仕事で、獲物を自ら仕留めることはしません。

とどめは主人が猟銃で刺します。このため、猟犬種にありがちな気難しい「猟犬気質」は少なく、比較的扱いやすいように改良されています。

現在もドイツでは非常に人気のある猟犬種で、多数が実猟犬として飼育されています。ショードッグやペットとしても飼育されています。世界的にも知名度があり、ヨーロッパではショードッグとして人気があります。

このワンちゃんの特徴は?
ジャーマン・ハウンドは典型的なセントハウンド犬種です。フォックスハウンドによく似ていますが、マズルと脚はもっと長く、胴も少し長めでより細くなっています。筋肉質の引き締まった体つきをしていて、体力があります。また嗅覚が非常に優れており、山岳地帯も難なく駆け回り、獲物追跡中に川に差し掛かっても泳ぎながら臭いをたどっていくことができます。耳は垂れ耳、尾は太めの垂れ尾です。

被毛はスムースコートで、毛色はタン・白・黒の3色が入ったトライカラーなどがあります。

性格は忠実でやさしく仕事熱心で、警戒心が強いです。初対面の人や犬には警戒しますが、なじめば友好的に接します。猟犬種だが性格はきつ過ぎず、頑固な面はありません。しつけの飲み込みは普通で、状況判断力は高いです。

このワンちゃんの飼育方法は?
ジャーマン・ハウンドは実はハンティングよりも飼い主家族と一緒にいることを何よりも好む犬種で、飼い主やその家族に対してはとても忠実で心優しい性格をしています。見知らぬ人などへの警戒心が強いので、家族を守る番犬としても優秀で、夜中でも見知らぬ人や不審な物音に反応して異変を知らせてくれるでしょう。他の犬や子どもたちとも問題を起こすようなこともなく、健康面でも飼いやすい犬種です。

トレーニングにも積極的に参加するので、飼い主がリーダーシップを発揮してトレーニングを行うことで、色々なことを習得していくでしょう。

スタミナは多いですが運動量は普通です。ただし獲物の臭いを追跡することが大好きなため、散歩の時間は必然的に長くなる傾向にあります。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=141]

Posted by Dog-ZooCan.Com