ジャーマン・スパニエル

動画

どんなワンちゃん?
ジャーマン・スパニエル(German Spaniel)は、ドイツ原産のスパニエル犬種です。ドイツを始めとするヨーロッパ諸国では「ドイチャー・ヴァハテルフント」という名前が一般的で、「ヴァハテル」とはドイツ語で『ウズラ』を意味しています。別名は「ジャーマン・クウェイル・ドッグ(German Quail Dog)」です。

このワンちゃんの歴史は?
ジャーマン・スパニエルは19世紀後半に優秀な鳥猟犬種の作出が求められていた際、シュトーバーという犬種をベースに使い、1880年代に作出が開始されました。多くのスパニエル犬種の血が導入され、1903年に完成し、FCI公認犬種となりました。

主にウズラやノウサギを茂みから追い出すのに使われていました。主人とペアになって猟を行います。獲物を嗅覚で捜索し、発見すると主人の指示に従って獲物を茂みからフラッシング(追い出し)して飛び立たせ、それを主人が猟銃で仕留めます。撃ち落された獲物は本種が回収して主人のもとへ持ってきます。

1960年代後半から1970年代前半にかけてアメリカにも輸出された際にはそれほど人気は出ず、以後はカナダで猟犬や作業犬として飼われていました。カナダではアメリカクロクマをセントハント(嗅覚猟)するのに使われました。パックでクマのにおいを追跡し、発見すると勇敢に立ち向かい、噛み留めを行うという仕事をこなしました。動けなくなったクマはやはり主人の猟銃によって仕留められます。

要望あって作出された犬種であったため初めは人気がありたくさん飼育されていたが、2度の世界大戦により頭数が激減し、希少化してしまいました。

現在も大半はドイツ国内で飼育されています。実猟犬としてよりもペットとして飼育されることのほうが多くなっています。日本ではなじみの薄い犬種です。

このワンちゃんの特徴は?
ジャーマン・スパニエルは筋肉質のがっしりとした体つきをしています。脚は短めで太く、頭部は大きめでマズルは太くなっています。耳は垂れ耳、尾は垂れ尾です。耳や尾、臀部には飾り毛があります。

被毛はウエーブがかった厚めで柔らかなロングコートで、毛色はブラウン・アンド・クリアーなどがあります。

早く走るよりもどちらかというと足場の悪い場所での持久走に向いています。足元の悪いゴツゴツした岩場や沼、水辺など、あらゆる地形でも俊敏に走り回ることができ、知的なハンター犬です。飼い主に対しては忠実で愛情深く、基本的に従順な犬種です。

このワンちゃんの飼育方法は?
ジャーマン・スパニエルはコンパニオン・ドッグとして都会などで飼育することも不可能ではありませんが、もともと非常に攻撃的なハンター犬なので、狭い場所で窮屈な生活をするのは向いていません。

しつけの飲み込みや状況判断力、運動量はごく普通です。

かかりやすい病気は運動のし過ぎなどによる関節疾患や、湿気で地肌が蒸れて起こる皮膚炎・皮膚病などがあります。

週に1回程度ブラッシングかコーミングをし、必要に応じてトリミングするとよいでしょう。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=140]

Posted by Dog-ZooCan.Com