人気の記事

シャー・ペイ

この記事は約2分43秒で読めます

シャー・ペイ

動画

どんなワンちゃん?
シャー・ペイ(Shar Pei)は、中国の広東省原産の犬種です。闘犬種でしたが、現在はペットとして広く飼育されています。

このワンちゃんの歴史は?
シャー・ペイの先祖犬は、中国南部の広東省で約紀元前200年頃の漢の時代から飼育されてきた犬で、マスティフとスピッツタイプの犬の掛け合わせとされています。その先祖犬からチャウチャウ(Chow Chow)とシャー・ペイが分かれて進化したといわれています。シャー・ペイは農民の家畜を見張る番犬として活躍していました。

戦時中、中国では政府からの命令で、一部の地域を除いて犬の飼育が禁止されたためほとんどの犬は処分されてしまい、シャーペイも姿を消しました。しかし、何頭かのシャー・ペイが香港と台湾で繁殖されました。香港では闘犬が盛んだったので、シャー・ペイはチャイニーズ・ファイテング・ドッグ(Chinese Fighting Dog)とも呼ばれていました。

1973年、数頭のシャー・ペイがアメリカに持ち込まれ、この犬種が絶滅の危機に陥りそうな状態だと警告する記事が掲載されたことで一気に保存の機運が高まっていきました。「世界で最も珍しい犬」として紹介されたこともあります。

現在、シャー・ペイは主にペットとして、アメリカなどで親しまれています。日本でも人気があり、根強いファンを持ちます。

このワンちゃんの特徴は?
シャー・ペイは体に対して頭部のバランスがやや大きいのが特徴です。耳は小さめで垂れ耳、尾は巻き尾、マズルは短めです。特徴的な皮膚のたるみは、子犬の時には体中に見られますが、成犬になるにつれて頭部から首、肩にかけての限られた部分にだけに見られるようになります。

被毛は非常に粗くザラザラとした直毛で、長さが3cmくらいの“ブラッシュ・タイプ”と、さらに短い“ホース・タイプ”とがあります。毛色はクリーム、フォーン、レッド、黒などです。

冷静で堅実、独立心の強い性格の持ち主です。

このワンちゃんの飼育方法は?
シャー・ペイはいつも落ち着いています。見知らぬ人に対しては控えめで、警戒心をくずしません。他の犬には攻撃的で、家畜や他の動物を追いかける犬もいますが、大抵の場合は他のペットとうまくやっていけます。

毎日精神的にも肉体的にも刺激を与えることが必要です。活発に動くゲームで長時間遊ばせたり、十分な量の散歩をさせてあげましょう。従順な性格を養うには、常にスキンシップとコミュニケーションをしっかりととることが大切となってきます。

見かけに比べて繊細です。環境の変化や過度の緊張状態に陥ると、心身的にストレスを受けやすいので注意が必要です。寒さに弱いので冬場の温度管理には気をつけましょう。

被毛の手入れはブラッシングで十分ですが、皮膚のトラブルが多いので、定期的なしわの部分の手入れも欠かせません。しわの内側は蒸しタオルなどで拭いていつも清潔に保つようにすることが必要です。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ

Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
Play
previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Shadow
Slider

関連記事

  1. アイリッシュ・ウォーター・スパニエル
  2. ジャーマン・ロングヘアード・ポインター
  3. クロアチアン・シープドッグ
  4. チベタン・マスティフ
  5. ケリー・ブルー・テリア
  6. アイリッシュ・セター

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

広 告



Translate this web site

広 告

このサイトについて

ようこそ!!「Dog-ZooCan.Com」へ。『犬と楽しく暮らす』を大切にこのホームぺジを作っています。
まだまだ、未熟ですがよろしくお願いします。


広 告

広 告



フェイスブック

カテゴリー

お気に入りの動画♪

※※※再生ボタンをクリックすると再生と 同時に音が流れますのでご注意下さい※※※
殺処分ゼロ わたしたちと同じ命あるもの 殺さないでください。。。.wmv
 
「かわいい犬」初めて人間の赤ちゃんに会った犬の反応が超面白い
 
最高におもしろ犬と赤ちゃん 謎の会話動画特集・どっちも可愛すぎる
 
Artistic Irish Terrier Pups | Too Cute!

広 告

広 告