柴犬(しばいぬ、しばけん)

動画

どんなワンちゃん?
柴犬(しばいぬ、しばけん)は、日本原産の犬種です。日本犬の一つで、日本犬の中では小型です。国の天然記念物に指定されています。「柴」の由来は、「小さい」を意味する古語だという説や、柴犬の毛色が枯れ柴に似ているためという説などがあります。

近年、「豆柴(まめしば)」が知られてきましたが、「豆柴」という公認犬は存在せず、あくまでも小柄な柴犬を指します。

このワンちゃんの歴史は?
日本固有の犬種は全部で6犬種ありますが、その中で柴犬は最も小さく、遺伝的には最も古くからの血を受け継ぐ現存古代犬種です。紀元前300年より前の縄文時代の遺跡からは犬の骨が多く見つかっており、これらの犬の多くは小型で、柴系の特徴を持ちます。中には人間と一緒に埋葬されたと思われる跡も見つかっており、人間と狩猟をしたりして、生活を共にしてきたといわれています。

柴犬は、古くからヤマドリ・キジなどの鳥やウサギなどの小動物の狩猟、などに用いられてきた犬です。本州の各地で発展したいたため、地域ごとの特徴がありましたが、戦争や流行病で数が激減した結果、現在のような特徴が残りました。

第二次世界大戦による食糧不足や犬の殺処分活動は、犬にとっても厳しい時代でした。

1936年(昭和11年)に国の天然記念物に指定されます。

しかし、1952年に犬ジステンパーが流行したことによって、その頭数は10分の1にまでなってしまいました。絶滅の危機に瀕する柴を守るため、骨格がしっかりした山岳地方の柴と、その他の地方に住む比較的きゃしゃなタイプの柴とを交配し、異なったタイプの柴同士を掛け合わせる試みがなされました。その結果、柴は絶滅の危機を乗り越えることに成功します。

現在、飼育頭数はとても多く、日本犬の代表格とも言えるほどです。日本国外でも人気が高く、アメリカでの人気も上昇しています。

このワンちゃんの特徴は?
柴犬は小型でよく均整がとれており、骨格がしっかりとして、筋肉がよく発達しています。体質は強健で素朴感があります。一般的に立ち耳・巻き尾です。

被毛は短毛で、真っ直ぐで硬いトップコートと柔らかく縮れたアンダーコートによる二重被毛です。毛色は、赤、黒褐色、胡麻、黒胡麻、赤胡麻があります。また胸・腹部の下部、足などが白い「裏白」でなければならないとされています。

性格は、古代犬種に良く見られるように大胆で独立心が強く、頑固な面があります。番犬向きの警戒心が強い個体から、ペット向きで見知らぬ人にも友好的な個体まで、犬によって社交性は様々です。ただし、日本犬の一般的な性格として、主人と認めた人間に比較的忠実で、かつ警戒心と攻撃性が強めという傾向があります。

このワンちゃんの飼育方法は?
柴犬は、屋外では活発に動き回りますが、毎日十分な運動をさせていれば、室内で行儀よく落ち着いて過ごしてくれます。

時々、その大胆で勇敢な性格から、同性の犬に攻撃的になったり、小さな動物を追いかけたりする傾向があり、いつでも何かおもしろい冒険をしようと身構えているような犬種です。なかには頑固な面が強すぎて、自分勝手な行動をとる傾向が強い犬もいます。洋犬に慣れた人には訓練が難しい場合もあります。

また、縄張り意識が強いので、見知らぬ人に対しては距離を置いた態度で接します。こういった性質は、まさに優秀な番犬に向いているといえるでしょう。この犬種は比較的よく吠えるタイプの犬でもあります。

柴犬には、毎日の十分な運動が欠かせません。広い屋外で活発にゲームをして遊ばせたり、長めの散歩をさせたり、足場のよい安全なところで走らせたりといった運動を取り入れてあげましょう。

温暖な地域や涼しい気候の地域であれば、雨風をしのげる暖かい犬舎を用意して屋外で過ごさせることもできますが、できれば家の中で過ごさせ、屋外と屋内にいる時間をバランスよく配分してあげるのが理想的です。

被毛は、1週間に1~2回ほどブラッシングをしてあげましょう。また、できるだけこまめにむだ毛を取り除いてあげてください。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=135]

Posted by Dog-ZooCan.Com