四国犬(しこくけん)

動画

どんなワンちゃん?
四国犬(しこくけん)は四国地方(主に高知県)原産の中型の犬種です。日本犬の一種で、かつては土佐犬と呼ばれていましたが、別犬種である土佐闘犬との混同を避けるため、現在は四国犬と呼ばれています。「土佐犬」の名で国の天然記念物に指定されているのは、この四国犬です。

このワンちゃんの歴史は?
四国犬は主に四国山脈の山間部で大正、昭和の初期から銃猟犬として飼育されていました。日本犬は、そのほとんどが、かつて山間の地で狩猟用に使われていた地犬です。四国犬も農耕に不向きな奥深い山間で、主にイノシシ猟で活躍していました。

昭和の初期、外国産の犬が輸入されるようになると、日本犬を飼う人が減り、日本犬と外来犬種との交配も進みました。そこで日本犬を保存する活動が起こり、四国山地の四国犬が発掘されました。山間部で文化の浸透も遅かった環境が幸いし、血度が保たれていました。

四国犬は「土佐犬」と呼ばれていたため、四国犬は「土佐犬」の名で1937年(昭和12年)に国が天然記念物に指定されました。その後、この地方の闘犬種が「土佐犬」として知られていったため、「四国犬」と呼ばれ区別されるようになりました。

四国犬には、主に本川系と幡多系があります。本川系は猟犬らしく疾走力を感じさせ、狼を連想させるといわれ、幡多系は重厚感があるといわれています。他の系統もありましたが、今はその名を知る人もほとんどいません。近年、本川系と幡多系も、交配が進み両者の地域特性はあまり語られることがなくなってきました。

現在、猟犬として働いている四国犬は少なく、知名度は低くなっています。しかし、全国的に一般の家庭で飼われています。ペットショップなどでは手に入らず、情報を得るにはブリーダーとのつながりが大切です。

このワンちゃんの特徴は?
均整がよくとれ、よく発達した筋肉を有する中型犬です。立ち耳と巻き尾又は差し尾です。

被毛は短毛で、毛色は胡麻、赤、黒褐色です。

もともとは猟犬であり、山地での激しい狩りにも耐えうる体力・持久力があります。感覚は鋭敏かつ精悍で警戒心に富んでいます。猟欲が旺盛で、主人には従順です。温暖湿潤気候も強い犬種です。

他の日本犬と比べて野生的な風貌で、表情が鋭いのも特徴の一つです。

このワンちゃんの飼育方法は?
四国犬は主人にはとても忠実ですが、よそ者には警戒するため、番犬に適しています。しかし、よそ者にはふとしたことでも噛みついたりと非常に攻撃的なため、散歩中などは注意が必要です。

一頭で屋外にいてもストレスを貯め込む事はありませんが、散歩や日頃のスキンシップなどを通して、十分なコミュニケーションを取ることを忘れないようにしましょう。主人から声をかけられるのを、ひたすらじっと待っています。

昔から動物性タンパク質として、魚を食べてきたので、ドッグフードだけ与えていると、老年期に痴呆症状が出るケースが多いと言われています。

被毛は、1週間に1回はブラッシングをしてあげましょう。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=134]

Posted by Dog-ZooCan.Com