サセックス・スパニエル

動画

どんなワンちゃん?
サセックス・スパニエル(Sussex Spaniel)は、イングランド原産のスパニエル犬種です。イギリス東南部のイースト・サセックス州で作出され、地名が犬名となっています。

このワンちゃんの歴史は?
サセックス・スパニエルは18世紀末紀にフィールド・スパニエル(Field Spaniel)をベースにイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル(English Springer Spaniel)やイングリッシュ・コッカー・スパニエル(English Cocker Spaniel)などを交配させて作り出されました。

サセックス・スパニエルは地元の山岳地帯で鳥猟に使用されていました。

この地方には、獲物となる鳥が豊富に生息しており、ハンターは徒歩で猟を行うのが普通でした。サセックス・スパニエルの猟性能はまさしく、この地の猟に適していました。必要に応じてリトリバー(獲物の回収犬)の役も引き受けるこの犬は地元の猟師に重宝がられていました。

サセックス・スパニエルは他のスパニエルと異なり、追跡に際してよく吠える「追い鳴き」の習性があります。

吠えることにより獲物を逃してしまう事もありますが、見通しのきかない場所の猟では、ハンターが獲物の方角を知る上で有利だと言われます。

ベテランのハンターはサセックス・スパニエルの「追い鳴き」の声色によって、獲物の種類やサイズ、獲物までの距離も分かるといいます。

サセックス・スパニエルは、AKC(アメリカンケネルクラブ)に認定された最初の10犬種中のひとつであり、最も早くからドッグショーに参加した犬種のひとつです。しかしアメリカなど海外でそれほど高い人気を保持していたわけではありません。その理由として、徒歩による狩りに合ったスピードの問題があり、馬での猟には適しませんでした。また、吠えない猟犬の方が好まれたことも理由の1つです。

19世紀末頃には、一時、純血の犬が8頭しかいなくなるという事態に陥り、その後しかたなく近親交配が行われたりもしました。

交配可能な遺伝子を拡大させるため、1954年にはクランバー・スパニエルとの交配が行われます。それでもこの犬種の交配可能な遺伝子は現在も限定されており、希少な犬種となっています。

このワンちゃんの特徴は?
サセックス・スパニエルは筋肉質で、横に長い体型をしています。短い四肢と幅の広い胴体を持ちます。

豊富な被毛には軽くウェーブがかかっており、薮やトゲなどから体を守る役割を果たしています。足の指にある、爪が隠れるほどに長い飾り毛も特徴のひとつとなっています。毛色は、リッチ・ゴールデン・レバーと呼ばれるこの犬種独特のものです。

短足であるためスプリンガー・スパニエルやコッカー・スパニエルのようなスピードはありませんが、きわめて鋭敏な嗅覚をもつ優秀なハンターです。

忍耐強く、樹木の密生した地域での猟に向くと言われます。

鳥類だけではなく、小型獣の猟にも有能な犬種で、薮の中の小動物の追跡ではサセックス・スパニエルに勝るものはないと言われています。

このワンちゃんの飼育方法は?
サセックス・スパニエルはどちらかというともの静かな性質を持ったスパニエルです。このため、都会での生活に適しているといえますが、自然のなかでのびのびと過ごし、鳥類を狩ったりすることにも喜びを感じます。

狩りの最中に吠えるため、猟師の間では敬遠されることが多く、なかには狩りの時以外でも吠えたり遠吠えをしたり、他の犬に対して攻撃的に出たりすることもあります。しかし、家の中ではのんびりと落ち着いて過ごせる、穏やかな犬種です。

毎日運動をさせる必要がありますが、適度な散歩や、庭でのちょっとした遊びを取り入れる程度で十分です。また、さまざまな所を探索したりすることも好みます。

温暖な地域で温かい寝床を用意してあげれば、屋外でも飼うことができますが、できれば室内で過ごさせ、いつでも外に出られるような環境を作ってあげるのがよいでしょう。高温多湿の環境には適さない犬種です。

被毛は1週間に2~3回程度ブラッシングとコーミングをし、2~3カ月に1回はハサミなどで適度に刈ってあげてください。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=127]

Posted by Dog-ZooCan.Com