ケアーン・テリア

動画

どんなワンちゃん?
ケアーン・テリア(Cairn Terrier)は、スコットランドのスカイ島原産のテリア犬種です。スコットランドでは最古の使役犬と言われています。

このワンちゃんの歴史は?
スコットランド産のテリアはもともと1犬種で、総称して「スコティッシュ・テリア」と呼ばれていました。スコットランドのスカイ島に生息していたとされています。スコティッシュ・テリアは15世紀頃から存在し、キツネ、アナグマ、カワウソなどの狩りに使われていたようです。犬たちはケアーン(記念碑や歴史的建造物として作られた岩場の積み石)の中からカワウソたちを追いたてることを得意としていました。

スコティッシュ・テリアの毛色にはホワイトやグレー、レッドなど、さまざまな色がありました。1873年にまず「ダンディ・ディンモント・テリア(Dandie Dinmont Terrier)」と「スカイ・テリア(Skye Terrier)」に分けられ、1881年に今度はスカイ・テリアが、「スカイ・ヘアード・テリア」と「ハード・ヘアード・テリア」に分けられました。そして遂に、ハード・ヘアード・テリアが「スコッチ・テリア」、「ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア(West Highland White Terrier)」、そして「ケアーン・テリア」とに分けられることになったのです。

ケアーン・テリアの形成にもっとも影響した犬たちはそのほとんどが白い毛色をしていましたが、1920年代に、これら白色の血統と混じらないように、ケアーン・テリアをウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはもちろん、白色の犬種と掛け合わせることが禁止されました。

イギリスではたちまち人気が上がり、アメリカでも『オズの魔法使い』の“トートー”役として人気を博しました。番犬や家庭犬として飼育されることの多い犬種ですが、昔のままの作業テリアとして保存する事に重点が置かれています。

そのため数あるテリア種の中でもっとも原型に近く、優れた作業犬としても高く評価されています。

このワンちゃんの特徴は?
ケアーン・テリアは武骨でたくましい外観をしており、足が短く、体長が体高よりやや長くなっています。幅広な頭部のおかげで、顎の力が発達しました。また優れた嗅覚と視覚を持ちます。

被毛はダブルコートで、柔らかく密生したアンダーコートと、粗く風雨に強いトップコートを持ちます。毛色はクリーム、ウィートン、レッド、サンド、グレイ、ブリンドルなど、あらゆる毛色が存在します。ただし、ブラック、ブラック&タン、ホワイトは他の犬種とみなされます。また、ブリンドルのケアーン・テリアは年とともにブラックやシルバーになるのは珍しいことではありません。

寒暑いずれにも耐え、活動的で勇ましく、大胆です。独断的ですが攻撃的ではありません。気質は陽気ですが家族以外には無関心な態度をとる事があります。

このワンちゃんの飼育方法は?
ケアーン・テリアは子供と遊ぶことを好み、もともと丈夫な体質なので、多少手荒なことをされてもへこたれません。他の犬に対して攻撃的になりやすく、小動物を見つけると追いかけていってしまうこともあるようです。匂いをかぎまわったり、穴を掘ったりして狩りのまねごとをよくしたがります。なかには吠え癖を持った犬もいるようです。

小柄な体の割には、毎日の運動が欠かせない犬種です。散歩をするだけでなく、庭や足場のよいところでちょっとした散策などをさせて遊ばせてあげましょう。温暖な地域では屋外で飼うことができますが、寝るときは室内の方がよいでしょう。

被毛は、週に1回程度の手入れが必要です。また、毛がはえ変わる夏と冬には特に、上毛の剛毛を指で引き抜くハンド・ストリッピングが必要です。死毛を毛根から引き抜き、次の毛が生えてくるのを手助けするために行います。新しい毛が生えることによって皮膚を丈夫にするといわれています。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=114]

Posted by Dog-ZooCan.Com