グリフォン・ニヴェルネ

動画

どんなワンちゃん?
グリフォン・ニヴェルネ(Griffon Nivernais)は、フランス原産のセントハウンド(嗅覚猟)犬種です。旧名は、「シャン・グリス・デ・セントルイス」、別名は『地元の犬』という意味合いの「シャン・ド・ペイ(Chien de Pays)」です。

このワンちゃんの歴史は?
フランス産の犬種としては、古い歴史を持ちます。ルイ14世が1248年に十字軍の遠征先から連れてきた犬をもとに作り出した犬種、シャン・グリス・デ・セントルイス(セントルイスのグレードッグ)が、グリフォン・ニヴェルネの直系の先祖です。これを中央フランスのサントル・ニヴェーネー地区で改良することによって作り出されました。

14世紀ごろから、イノシシやオオカミ、シカなどの大型哺乳類のセントハント(嗅覚猟)に用いられてきました。獲物を嗅覚で追跡し、発見すると自ら飛び掛り、獲物と直接戦って自ら倒していました。

貴族階級の人よりも庶民の猟師に人気のあった犬種でした。

しかしフランス革命の動乱や、犬種の多様化、狩猟対象の大型哺乳類の減少などにより絶滅の危機に陥ってしまいます。

ニヴェルネが衰退すると、減っていたはずのオオカミやイノシシが増えだし、家畜・農作物の食害により農家は大きなダメージを受けるようになりました。このことを憂慮し、かつてのニヴェルネのことを懐かしんだ猟師たちにより、19世紀の始まりにニヴェルネ再構築プログラムが開始されました。ニヴェルネの末裔を基礎犬とし、グラン・グリフォン・バンデーン(Grand Griffon Vendeen)、オッターハウンド(Otterhound)、イングリッシュ・フォックスハウンド(English Foxhound)などを交配させることによって復元が行われ、外見や元の性格を損なわずにその姿を復活させることができました。この交配によって、狩猟能力は更に向上しました。

現在はFCI(国際畜犬連盟)公認犬種ですが、フランス国内でも希少な犬種ので、ペットやショードッグとして飼われているものはごく少数です。大半は今も現役でイノシシ狩りの猟犬として使われています。フランス国外でもわずかながら飼育されており、クマ狩りに用いている国もあります。

このワンちゃんの特徴は?
グリフォン・ニヴェルネの体は筋肉質で、脚と同が長いです。マズルは中ぐらいの長さで、アゴの力も強いです。耳は先が丸く長めの垂れ耳で、尾は飾り毛の少ない先細りの垂れ尾です。

被毛はぼさぼさとした硬いワイアーコートが特徴的です。これは、悪天候や寒さ、茨や獲物の牙から身を守るためのものです。眉毛や口髭も長いです。毛色は薄いブラックから濃いグレーまでのいずれかの色を地とし、マズルや目の上、脚、胸、腹部にタンのマーキングが入っています。

スピードよりも長時間獲物を追いかけるスタミナに優れています。

この犬の性格は主人に忠実ですが頑固で、狩猟本能が旺盛です。

このワンちゃんの飼育方法は?
グリフォン・ニヴェルネは生粋の猟犬であり、あまり主人以外の人には懐きません。主人にちゃんとなついていないと、しつけを全く受け付けないこともあります。

狩猟本能が旺盛なため、臭いを追跡させたり、投げたボールや隠したおもちゃを探させるといった遊びを行うととても喜びます。運動量は非常に多く、散歩も長めに取る必要があります。

かかりやすい病気は顔周りのコートが目に入って起こる眼疾患や、運動のし過ぎにより起こる関節疾患、高温多湿の環境で飼育した際に起こりやすい皮膚炎などです。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=105]

Posted by Dog-ZooCan.Com