クーヴァース

動画

どんなワンちゃん?
クーヴァース(Kuvasz)は、ハンガリー原産の護蓄犬種です。旧称は「ハンガリアン・クーヴァーズ(Hungarian Kuvasz)」です。

このワンちゃんの歴史は?
クーヴァースの起源はチベットの大型犬にあるとされています。チベットからトルコを通ってハンガリーに渡ったといわれ、12世紀頃にトルコからやってきた羊飼いがもたらしたアクバシュという犬種が先祖だとされています。

クーヴァースという名前はハンガリー語ですが、おそらくトルコ語の『カワーズ(kawasz:武装した警備兵という意味)』がなまったのではないかといわれています。

この犬種は古い犬種とされ、羊を狼や家畜泥棒から守るのに使われていました。白いのコートは夜間でもはっきりと見えるために好まれて固定されました。

15世紀後半には最も位の高い犬として大切に扱われるようになり、一時は、ハンガリーの一部の貴族だけに飼う許可が出されていたほどでした。そのため、この犬種の繁殖は慎重に計画されて行われ、詳細はすべて記録されました。

17世紀頃になると一般の人もクーヴァースをガードドッグとして使うようになります。ハンガリーの広い邸宅の農園などには必ずこの犬たちを見かけるようになり、警備犬として、また狩猟犬として活躍していました。クーヴァースは害獣から農園を守るためにクマやオオカミといった大型の獣と闘い、時にはしとめることもありました。

またこの犬の存在は国内外に知られるようになり、少数が原産地外へ輸出されました。

その後、二度にわたる世界大戦の結果、この犬種の頭数は激減します。さらに戦後、ハンガリー人による反マジャール人感情の影響で、マジャール人由来の歴史を持つクーヴァースは多くが暴動により射殺され、絶滅寸前に陥りました。しかし、FCI(国際畜犬連盟)や動物愛護団体の介入によりこの暴動は何とか抑えられました。

暴動の沈静後、生き残った国内外のクーヴァースを集め、頭数を回復することができました。また、再びハンガリー人の反マジャール人感情を刺激させないため、かつては犬種名に冠していた「ハンガリー」という単語を取り除き単にクーヴァースとしてFCIへ公認犬種としての申請を行うことになりました。そして1963年にFCIに公認犬種として登録され、ヨーロッパ内外にも広く輸出されるようになりました。

現在は護蓄犬、番犬としてだけではなくペットやショードッグとしても飼育されています。日本にも輸入されています。

このワンちゃんの特徴は?
クーヴァースは体高より体長がわずかに長、がっしりした体格をしています。といっても重々しい感じはなく、軽やかに歩きます。マズルが先細りで、飾り毛のない垂れ耳、ふさふさした垂れ尾です。

被毛は直毛かウェーブ状の、適度に粗い二層構造です。この被毛は狼の牙から身を守るために発達した鎧のような物です。毛色はホワイトもしくはクリームです。

この犬の性格は知的で自己犠牲の精神を持ち、忠実です。

このワンちゃんの飼育方法は?
クーヴァースは優秀な警備犬として、勇敢に家族や財産を守ってくれる犬種です。家族に子供がいれば、その子を護衛しなければという責任感を示します。知らない人には距離を置いて警戒します。

見知らぬ犬には攻撃的になる場合もありますが、他のペットや家畜には穏やかに接します。

友好的でしつけの飲み込みも早いです。

どちらかというと寒い気候を好むので、涼しい気候の地域では屋外で飼育することもできます。ただし、家の中と外を自由に行き来できるようにしてあげるのが理想的です。

毎日運動させることが必要ですが、関節疾患にかかりやすいため、あまり運動量を多くしすぎないようにしましょう。

被毛は1週間に1~2回ブラッシングをし、換毛の多い時期には、さらにこまめにブラッシングをしてあげましょう。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=99]

Posted by Dog-ZooCan.Com