キング・チャールズ・スパニエル

動画

どんなワンちゃん?
キング・チャールズ・スパニエル(King Charles Spaniel)は、イギリスのイングランド原産の愛玩用のスパニエル犬種です。別名は「イングリッシュ・トイ・スパニエル(English Toy Spaniel)」です。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル(Cavalier King Charles Spaniel)とは別犬種とされています。

このワンちゃんの歴史は?
この犬種の名前は、17世紀のイギリス王チャールズ1世と2世から来ていますが、これらの王の愛犬と、現在のキング・チャールズ・スパニエルそしてキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの2犬種は、時代に翻弄されたやや複雑な歴史を持ちます。

16~19世紀にかけ、英国の王室では小型のスパニエル犬種を飼育する習慣がありました。この犬種はイングランド王チャールズ1世、2世の愛犬として知られ、当時の絵画にも登場します。

18世紀になると、東洋からパグや狆がヨーロッパに輸入され、短めのマズルを持つ犬種に人気が集中しました。これにより英国王室で愛されていた小型のスパニエル犬種も、マズルを狆などとの交配によってつぶし、更に小型化されました。この短吻種にキング・チャールズ・スパニエルの名が与えられ、最盛期には貴婦人同士の会話に同席したり、王室の公務の手伝いなども行っていました。

しかし、その人気は長くは続きませんでした。1920年代になると過度の改造により健康被害が出始め、いびきがうるさく一緒に寝ると熟睡できないなどの理由により、ブームが去っていきます。

さらにマズルが長くハンサムで健康な昔の姿を取り戻す活動がはじまり、その結果、17世紀の姿に忠実に復元されたキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが誕生しました。

キャバリアは人気を完全に奪い去り、キング・チャールズ・スパニエルに取って代わるようにして世界的に人気の犬種になっていきました。更に、ドッグショーなどでは次第にキング・チャールズの排除が行われるようになり、キング・チャールズ・スパニエルの影はすっかり薄くなってしまいました。

現在は一時的な流行に左右されない熱心な愛好家により、ブリーディングが継続され続け、短吻種を好む愛犬家に親しまれ続けています。日本でもあまりメジャーではありませんが、数年に一度国内登録が行われています。

このワンちゃんの特徴は?
キング・チャールズ・スパニエルのマズルはつぶれていて、目は小さめで離れた位置に付いています。その顔つきはよく「東洋人の顔つき」と表現されます。頭部は大きめでややずんぐりした体つきで、脚は細いです。耳は垂れ耳、尾は垂れ尾でそれらには飾り毛がついています。 被毛はウエーブがかったロングコートで、毛色はブラック・アンド・タン、ブレンハイム、トライカラー、ルビーなどがあります。

キング・チャールズ・スパニエルの性格は飼い主家族によく甘え、陽気であるが見知らぬ人には無愛想です。

このワンちゃんの飼育方法は?
キング・チャールズ・スパニエルは子供にも寛容で、しつけの飲み込みも良いです。

運動量は少ないため散歩の時間も短めで済み、高齢者でも安心して飼育することができます。できれば室内犬として飼うことをおすすめします。長毛種ですが、寒さには弱いので冬季の健康管理には十分注意する必要があります。2日に1回はブラッシングをするように心がけてください。

かかりやすい病気は熱中症や軟口蓋過長症、口蓋裂、心臓病、水頭症、気管虚脱などです。いびきが大きいため、その点は飼育する前から家族の了解を得ておく必要があります。

このワンちゃんの基本情報は?

このワンちゃんの動画が見れるよ
[smartslider3 slider=98]

Posted by Dog-ZooCan.Com